【職種】警察官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

警察官の基本情報

仕事内容 日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る
平均年齢※ 31.4歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (270件) 2.8000 [2.8点]
給料 3.3000 [3.3点]
やりがい 2.5000 [2.5点]
労働時間の短さ 1.5000 [1.5点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.9000 [3.9点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

警察官の仕事の本音一覧

全部で270件の投稿があります。(271~280件を表示)
<<前へ   23  24  25  26  27  
<<前へ   23  24  25  26  27  

警察官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※警察官として現在仕事をしている方、もしくは過去に警察官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
警察官のここが良い
警察官のここが悪い
仕事内容の詳細
警察官に対するあなたの状況

警察官とは

警察官(けいさつかん)とは、警察に所属し、治安維持を主とした職務を遂行している人のことである。 ほとんどの国において、警察官の業務範囲は非常に広い。勤務時間中に起きる様々な出来事に対処することが多くの国において期待されている。行政作用の一翼を荷っており、法に基づいた判断や行動が求められているためである。 西欧諸国の大半では、法にもとづいた社会秩序を維持すること、あるいは社会的規範に適った平和な状態を維持することなどが、警察官の主たる役割である。 また、警察官は、災害の発生や人の行方不明といった何らかの緊急事態にも大量に動員されることがあり、消防士(消防署)や救急医療の専門家などと連係的な行動をとることもある。 ほとんどの国で交通の秩序を維持することにも携わっており、各国の交通に関する法律に対する違反行為を取り締まっている。例えば、速度超過、駐車違反、飲酒運転、無免許運転、免許証不携帯などの取り締まりである。 任務の遂行のために、銃器類、車両類(パトロールカー、オートバイ、装甲車)、無線機などの様々な装備を保持または使用していることが多い。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、警察官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。警察官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。