【職種】小学校教諭が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

小学校教諭の基本情報

仕事内容 全教科オールラウンドに教える小学校の先生
平均年齢※ 37.1歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
小学校教諭に関連する資格 栄養教諭免許状<国>学校図書館司書教諭免許状<国>特別支援学校教諭免許状<国>養護教諭免許状<国>小学校教諭免許状<国>学校心理士
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (199件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 2.9000 [2.9点]
労働時間の短さ 1.6000 [1.6点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の保育・教育の仕事

小学校教諭の仕事の本音一覧

全部で199件の投稿があります。(101~110件を表示)
<<前へ   6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16     次へ>>
投稿者名 おばさん        投稿日時:2014/09/28 19:16:19
年齢・性別 49歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・多すぎて書ききれない。
企業で言うと、営業と研究と接客と事務会計、即席医療診断応急処置、カウンセリング、人生相談、警備パトロール、加えて土木などの肉体労働等、すべてをこなしているのが、今の教師の姿である。そして、ごくごくたま~に授業の準備をする時間があったりする。
・今、教育現場の流れは、「地域との連携」「小中連携」に向かっている。おかげでますます忙しくなり、土日さえなくなりつつある。次の指導要領改訂では、道徳も教科化されるとか。英語も、下の学年にまで拡大するのだとか。土曜授業も復活し、他の公務員が休みなのに教師だけが出勤している。

・授業が上手で、子供や親たちにも慕われ、クラスが一つにまとまって、子供が成長していく喜びを感じる・・・・そんな牧歌的な教育は、終わりを告げたと思う。そういう素晴らしいクラスや教師は、ごく稀にあるかもしれないが、恐らくプロ野球選手になるのと同じぐらい、難しいことだと思う。
 大抵は圧倒的な仕事量に振り回され、ブラック企業顔負けの過酷な労働を強いられ、親や子供の対応に疲れ果てていく。若いうちから精神が壊れてしまう人、辞めていく人も大勢いる。
この職業・職種のここが良い (私と同じような心境の人の投稿があるので、私もと思って投稿した)
・良いところなど、何一つとしてない。
・「子供の成長」?⇒子供はすぐに増長し、生意気な口をきく。傷つくことを、平気で言う。ずるい。証拠を突きつけられても、平気でうそをつく。最近は、特別支援系のお子様も多く、日本語が通じない。たった一人の転校生のために、クラス全体がおかしくなることもある。
・「安定性」?⇒どんなに仕事をやっても、給料は年功序列。残業代ゼロ。他の人が書いているように、各種の強制ボランティアだらけ。逆に考えると、サボリにサボっても、給料は減らないという良さはある。
・「将来性」?⇒毎年毎年「モンペ」と呼ばれる、狂った親の相手をしなければならない。何年続けられると思いますか?
この職業・職種のここが悪い ・悪いことだらけで、挙げていたらきりがない。他の人がずいぶん書いているが・・・・・。
・とにかく、親がすごい。20代のヤンキー親が、年配教師を「てめえ」呼ばわりする。まともに取り合うと、こっちの精神が病む。接客商売との違いは、教師の場合は、いったん担任となると、そういうクズ親に、1年間付き合わなければならないこと。しかも最悪なことに、担任の自宅にまで電話がかかってくる。昼も夜も、親の相手をしなければならない。子供に住所を教えて暑中見舞いや年賀状を出したりすると、親が自宅にまで押し掛けたことさえあるという。
要するに、学校や教師は、親や世間の不満のはけ口になってしまっている。
こんな親と、毎年毎年付き合わなければならない。今の若い人は、大変だと思う。22歳で採用されたとして、定年が60歳だとして、こんな親たちを相手にして、38年間無事で終えられるとは、到底思えない。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:101人中96人
投稿者名 サラリーマン教師        投稿日時:2014/09/17 16:59:18
年齢・性別 58歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業・学習指導だが、勤務時間内にその準備はできない。本気でやろうと思ったら、時間外労働をするしかない。
授業が上手だろうが下手だろうが給料には関係ない。どれほど教材研究をし、子供たちの学力を上げても給料には反映されない。
低学年では、朝から教師の机の上には山のような連絡帳。
親からのくだらない連絡ばかりだ。誰それにいやなことを言われたとか、忘れ物がないかどうか気になって夕べよく眠れなかったかに見てほしいとか。いちいち返事を書くのもバカ臭いが、これに表面上は丁寧に答えなければならない。実に大変な作業である。
大小便・嘔吐物の処理。子供のトイレの不始末は教師が後始末をする。ちょっとした怪我でも保護者に連絡。俳優業の子どもなんかとげが刺さっただけでお騒ぎをする。これの対応で一日つぶれることもある。
休み時間は子供が群がり相手をしなければならない。子供が次から次へとやってきて、延々と仮定の話をする。その間、笑顔で聞かなければならない。トイレにも行けない。給食もまともに食べる時間がない。勤務中の休憩時間など、あってないようなものだ。完全に労働基準法違反ではないか・・・という勤務実態だ。
登下校の指導・部活動・勤務時間を過ぎてからの会議・土日に駆り出される地域行事・夜のパトロールなど、法律違反の時間外勤務が多い。異常な現状だが、教師たちはみんな麻痺している。長い時間働いていることが熱意のある教師だと勘違いをし、地域や保護者もそういう目で教師を見るようになっている。
連絡網などに教師の自宅電話番号・ケータイ番号を平気で載せている。その結果、自宅に帰っても親の悩み事相談や苦情電話、家に帰ってからのトラブルなどの電話がかかってくる。これが異常なことだとだれも思わないのか。教師にプライバシーはないのか。
これから教師を目指す人は、教員というのはそういう現場なのだと覚悟を決めることが必要でしょう。
この職業・職種のここが良い 子供が好きな人には良い職業・・・・・かな?
本音で語ると、仕事はやれば延々とあるが割り切ってしまえばこんな時間でもPCに向かうことができる。
最大の利点は安定性。産休・育休が手厚く、復帰も容易。年休(有給休暇)や療養休暇も充実している。夏休み・冬休みなど海外旅行など長期の旅行ができる。
というと、「おばさんは仕事をしないで・・・・」云々という声が聞こえてきそう。しかし、今は若く情熱がある人も、私のように疲れる日がやってくる。みんな初めから仕事をしなかったわけではない。割り切って仕事を減らし、自分の人生を謳歌するようになっただけだ。若い人が私の年になった時、「おばさんはしょうがない・・・・」といえるかどうか?
この職業・職種のここが悪い くだらない書類仕事が多い。海外旅行に行くときなど面倒くさい。ツァー内容が決まっていないのに意地悪な管理職が「どこそこのホテルの電話番号まで記載しろ」などと言うことがある。
保護者がうるさい。ベテランに敬意を払わない。教師を見下し、平然と文句を言う。他の人も書いているように、文句の内容も無茶苦茶で答えるのもばかばかしいものばかり。入学式の翌日、「入学式の名札をもらってないんですが」と言ってきた母親がいた。入学式の集合写真に子供の胸にしっかりと名札がついているのが写っていた。自分に非があるのに平然と要求してくる親が増えた。
教育委員会も「教育はサービス業」とか「教師は24時間365日教師だ」とか平然と言う。だったら24時間365日分の給料を払え、と言いたくなる。
復命書の書き方がどうの、要録の書き方はこうでなければダメとか、授業や子供とは程遠い仕事が山ほどある。
理科実験用のアルミホイル1本買うのにも苦労する。カタログを見てカタログ何ページの商品番号何番のを、と伺い書に記載しなければ決裁が下りない。そうして買ったアルミホイルは1本なんと250円。民間ではありえないお役所仕事である。こういう仕事を後生大事にしている。だからと言って自腹を切るのも腹が立つ。
たとえば休日にスーパーなどで買い物をしても、「先生が○○を買っていた」などと言われる。どこかで子供や家族に出会うと、「どこそこに行って何をやっていたの?」と子供がしつこく訪ねてくる。休日に何を買おうがどこに行こうが大きなお世話だ。
暑中見舞いで北アルプスから子供にはがきを送った教師がいた。これが思いもかけず親の不興を買ったという。「一生懸命働いている親だっているのに、自分は涼しいところに行って」とか「そんな暇があったら教材研究をしたら?」とかいう類のものだ。また、絵のサークルに入って絵を出品した教師は、「教師」という身分が周りにわかると、サークルメンバーに「子供を放っておいて絵を描いているんだ」と嫌味を言われたという。
最近、世の中がますますこういういやな目で教師を見るようになってきたと思う。明らかに私たちが若いころとは違う。

将来性はない。まじめにやっているとバカを見る。そういう職業である。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:141人中139人
投稿者名 ひでお        投稿日時:2014/09/12 12:53:57
年齢・性別 35歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
小学校教諭に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 今年3月まで働いていたのに、もう忘れてしまった。
授業の準備に時間を使った記憶がほとんどない。クレームの対応とか理不尽な仕事しかしていなかったような記憶がある。
この職業・職種のここが良い やはり「安定性」だと思う。
収入面では、今よりずっと気楽だった。
厚生面も充実している。有給を取る取らないは別として、制度としては整っている。

みなさん、「子供の・・・・・」云々は、自分には感じられなかった。
この職業・職種のここが悪い 保護者のわけのわからないクレーム。自分はこれがきっかけで辞めた。精神的に追い詰められる。延々とクレームが続く。それも意味不明な内容。自宅に、夜遅くにも電話がかかってくる。
子供は残酷である。「ハゲ」だの「デブ」だの平気で言う。自分には微笑ましいところはあまり感じられなかった。この職業が合わなかったのかもしれないが。
ベテラン勢は自分のことに一生懸命。仕事は若手中堅に回ってきて、延々と終わらない。勤務時間は決まっているのに、仕事量が多すぎる。なのに給料は決まっている。同じ時間働くなら、自分で稼げる方が良いと思った。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中46人
投稿者名 あきこ        投稿日時:2014/09/11 05:49:29
年齢・性別 48歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 山のような書類の処理。
校内の公務すべて。
他に雑用「狂夢」とも「教務員(教務+用務員)」とも言われている。
校外のごみ拾い、校外でやった児童の不始末の後始末、地域のもめごと相談、カウンセリング・・・・・・。
これが「教師」の仕事なんでしょうか?

希望もないのに強制的に管理職登用のための勉強会に駆り出され、管理職試験を受けさせられます。私のような人間にも声をかけるというのは、よほど人材不足なのでしょう。無能管理職が増えるわけです。
この職業に将来はありません。
この職業・職種のここが良い ・子供たちと関われること。
・仕事が単調ではなく、変化に富んでいること。
・身分上、手厚く守られていること。
この職業・職種のここが悪い ・専任の教務主任になりました。限りなく虚しい仕事です。
・押し寄せてくる書類の山。処理しきれません。国や県は何か施策をするたびに「あれをやったか」「これをやったか」と調査を要求します。議会対策だのようです。いちいち真面目に答えていたら、学校はパンクします。提出書類はすさまじい量になります。
・他に信じられないような仕事・・・仕事と言えるのでしょうか。汚物の処理、ドブさらいもやりました。庭木の剪定・草むしりまでやらされます。
・職員同士の人間関係も難しい。保護者対応だけでもいっぱいいっぱいだというのに。
・上(教頭)になると、さらなる地獄が待ち構えています。当然のような土日出勤、「地域とのつながり」と称する昼夜を問わない強制ボランティア。盆も正月もなく、24時間、365日の仕事で管理職手当は約5.6万円。しかも本俸は下げられ、自腹を切ることが多く、ヒラ教員の方がまだ給料的にはましだとのこと。
・現代の蟹工船のような勤務実態です。にもかかわらず「子供にかかわっている仕事」ということで、あまりにも世間が実態を知らなさすぎます。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中42人
投稿者名 疲れた教師        投稿日時:2014/09/09 20:45:41
年齢・性別 52歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 例えば、校外学習(遠足)一つとっても、次のような仕事がある。
起案書(職員会議のための下書き)の作成と会議資料の作成、予察計画書・報告書・復命書(報告書と復命書は別々に書く)、教委に出す校外学習実施届、バス手配書、校外学習実施の報告書・復命書、バス使用報告書、保護者向け校外学習の案内・決算報告書。この他に校外学習で使ったしおりに反省点・改善点を朱書きにして提出。
一事が万事この調子である。

この職業・職種のここが良い 「子供が成長した」といのが喜びだが、最近はあまり感じない。
安定した職業に見えるが、財政悪化の昨今、これがいつまでも続くとは思えない。
女性にとっては産休・育休が取りやすく、復帰も容易で魅力的な職場に映るようだが、私の年代になると精神的に壊れてしまう人も多い危険な仕事である。
この職業・職種のここが悪い アリバイ作り(何かあった時のための書類作り)に相当時間が取られる。
小学校なのに部活があって、勤務時間外に平気で運動をしている。教師たちはタダ働きである。
おかしな保護者が多くなってきた。子供が変だとか特別支援とかは耐えられる。我々の仕事は子供相手なのだから。しかし大人相手でその大人がおかしい。普通の理屈が通らない。相手をするのに心が折れる。若いうちはいいかもしれないが、年を取ると対応できない。年代が上がるにつれて精神疾患が多くなるのは、そういう理由だろう。
定年まで仕事を全うできるかどうか、人間的に壊れてしまうか。私の若いうちには考えもしなかったが、危ない職業になってしまったと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:57人中56人
投稿者名 いわひろ        投稿日時:2014/09/09 01:05:10
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
小学校教諭に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 みなさんと同じです。
この職業・職種のここが良い ○子どもたちの成長を見守ることができる。また、自分自身も子どもたちとともに成長できる。
○地域(地元)に貢献できる場面が多い。
この職業・職種のここが悪い ○正規になれば安定しているが、臨時では安月給。(ボーナスも寸志程度。私は7000円でした。)
○臨時の場合は指導教官がいない。初任者研修も当然ない。しかし、担任を持つことが多い。どう動いて良いのかわからない。
○時間外労働が多い。(休憩も当然なし。実働時間は平均12時間程度)
○強制される飲み会や不十分な出張費のせいで自腹を切らなければならないことが多い。
○パワハラが横行している。
○基本的に体育会系のノリ。
○一般的な価値観や常識が通用しない。


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中6人
投稿者名 ドンキー        投稿日時:2014/09/06 08:01:54
年齢・性別 32歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の方と同様。
この職業・職種のここが良い •四季を感じられる。行事などで。
•子供達と常に接するので若々しい気持ちでいられる。
•音楽指導、表現指導(ダンス、民部)、演技指導(学芸会)、水泳指導など、経験をしなければならないので、スキルが身につく。
•教材研究の深さや自身のスキルの上達で、授業が変わる。そこにやりがいを感じる。
この職業・職種のここが悪い •朝が早い。6時半には学校にいるので、ゆっくり朝食をとれない。
•非常に狭い世界。大きな変化を好まない。
•なあなあにしていても、日々を過ごせる。つまり、経験年数があるからといって、決して授業が素晴らしいというわけではない。
•授業スキルを本気で学ぶ機会が少ない。大学時代から。また、本気で学んでいる人も多くはない。プロとしての意識が低いとは言わないが、備わっていないと感じる。
・保護者対応が大変。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中10人
投稿者名 とも        投稿日時:2014/08/12 13:50:55
年齢・性別 49歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 一部の学級の授業
先生方の授業時数の管理
出張や報告の管理
その他いろいろ
この職業・職種のここが良い ・毎日、変化のある職務内容(行事や授業など同じ内容のものが少ない)
・子どもの成長に関われること。わかった、できたという子どもの笑顔が見られる時は最高です。
・クリエイティブなところ。同じ学習内容を教えるにも方法はさまざま。自分の教材研究の追求によりいくらでも工夫できるところ。
この職業・職種のここが悪い ・勤務時間の長さ 忙しい時期は毎日、午後10時くらいまで、土日も休日出勤。授業の準備なら我慢できるがしょうもない事務仕事が多い。帰宅してTVを見ていても教材研究しているようなところもあるので24時間仕事モードになりうる。
・保護者対応、生徒指導 年々、大変になっていく気がする。特に優しくいつまでもお子ちゃまの男子、変に大人びて意地悪な女子がこの頃目立つ。保護者もどっちかがブレーキ役を果たしていたのが最近は両親で乗り込んでくるケースも多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中7人
投稿者名 ぴかり        投稿日時:2014/08/10 23:43:44
年齢・性別 40歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 みなさんと一緒!
仕事をこなせばこなすほど、たくさん持たされます。でも「私はしません、できません」という気持ちにもなれない。
この職業・職種のここが良い 〇子供の成長を見ることができること。
〇すれていない子供(教師を夢見ていた時に子供ってこうだろう、と思っていたような、子供らしい子)に出会ったり、授業が充実し、生徒指導でも子供の素直さによってみんなが成長できる学級づくりができたようなとき。
〇一般的に信頼される

この職業・職種のここが悪い 〇全国各地、どこも一緒なんだと思った、、仕事量の多さ!絶対勤務時間内に終われない、休日出勤が必要となること
〇人生、この仕事をこなすだけで終えてしまうと思う。新しい知識や経験をする時間が全くない!(休日仕事をしない日は遊んだり習い事をする体力がないので、体力温存している。もっと体力があれば、、と思うが、友人と比べても自分のほうが体力がある。)
〇一日で色々なシーンが多すぎる。出勤する服装、動きやすい服装、午後から研修だとスーツ、汗を拭くためのタオルに下着、靴下の着替え、服装に合う靴、など持ち物が多い。
〇保護者対応や生徒指導が大変。細かい要求に対する回答をしている場合ではない時に(気分不良の児童の手当中、喧嘩をして学級指導中など)対応を後回しにしてしまうとクレームが来る。同時に何もかも対応しなければいけないことが多い。トイレも行けない。その時、その時の対応ばかりがある。
〇理論研修では机上の論理に思えてくる。現場はもういっぱいいっぱい。実践だけで精一杯。普通学級に発達障害の児童や不登校の児童、乱暴な児童もいる中で、みんな一生懸命良い指導をしようと頑張っている。指導しにくい子供たちがここまで成長できた、という実践を示してほしい。できる子ばかりの付属小学校での実践が遠すぎる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人
投稿者名 さささ        投稿日時:2014/08/06 20:36:50
年齢・性別 42歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 生徒指導 学習指導 学校運営上必要な担当 
教材研究 授業準備 評価 採点 成績処理 提出物管理
安全確認 生活指導 生活全般にわたりますが、最近の重点は、クラスにおける発達障害のある児童についてのための個別のかかわりや 児童同士のトラブルの交通整理など 学級経営 
この職業・職種のここが良い やる気があるこどもを相手にする。(自分は中学校教員をやめた)素直で未発達の子供を相手にするので、知らないことが前提なので、教える意味がある 女性でもずっと男性と同じ立場で仕事ができる
社会的に信頼がある 売上等を気にする仕事ではない 勤務している同僚が同じような学歴で安心 
この職業・職種のここが悪い 事件等をおこすと大々的に報じられる 社会の目を気にして生きる 勤務地近くの店などにはいけない 児童を選べない
当然苦手な教化がある 水泳や運動会など大人ならさけてよいような日差しのなかの活動が日常 化粧直しなどやっている時間はない 公務員だからという理由で給料がカットされたこと 国のシステムで教育の内容がしょっちゅうかわる
現場の意識と文科省の意図することがあわせられない 理想を掲げるが 現実は根底的に低い 
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
<<前へ   6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16     次へ>>

小学校教諭の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※小学校教諭として現在仕事をしている方、もしくは過去に小学校教諭をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
小学校教諭のここが良い
小学校教諭のここが悪い
仕事内容の詳細
小学校教諭に対するあなたの状況

小学校教諭とは

小学校教員(しょうがっこうきょういん)は、小学校における教員である。小学校に置かれる職員のうち、おおむね、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、講師、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭などの職員が該当する。(教員の職階なども参照のこと。) このうち、「副校長」「教頭」「養護をつかさどる主幹教諭」「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、原則として「小学校の教員の免許状」を有していなければならない。 小学校において児童の教育をつかさどる。学校内における児童の安全、保護、健康面の管理なども重要な業務範囲となっている。 原則として、小学校教諭普通免許状(専修・一種・二種、いずれも新免許は有効期間10年)を有していなければならない。 全国の小学校教員の数 小学校教員の免許状 普通免許状の種類 基礎資格 専修免許状 = 修士の学位を有する者 一種免許状 = 学士の学位を有する者 二種免許状 = 学士、短期大学士、専門士のいずれかの学位を有する者 ただし、学位は教育職員免許法第5条第1項「別表第1」適用時。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、小学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。小学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。