昨年は交通取締り執行係として、毎日違反切符に埋もれる生活を...(警察官の本音)

職業 警察官
投稿者名 田舎県警        投稿日時:2010/11/19 17:28:20
年齢 27歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
警察官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細  昨年は交通取締り執行係として、毎日違反切符に埋もれる生活をしていました。
 今年は交通事故捜査係。当て逃げ、ひき逃げ捜査。
 仕事のやりがいは高いです。ただし、仕事はかなりハードなので、それに見合った給料を求める人には全く薦められません。
この職業のここが良い 仕事自体は崇高な目的があり、世間のゴミを直接駆除できる上に鍛えた腕力が活かせる等仕事自体は素晴らしい。
この仕事のよいところは、各県警のパンフレット等を読めばわかると思います。
この職業のここが悪い とにかく給料が安い。
私は昨年の源泉徴収480万でしたが、大学同期の優良民間企業に比べても安い。
H19年から県の財政難で給料カットが始まり、給料は下がる一方で上がる見込みなく、卒配当時の方が良い位であり、まったく士気が上がらない。
他所の県でも給料カットが始まっていると聞くが、このようなことをすれば士気が下がって不祥事が続発するもの当然である。
田舎県警では人員不足で夜間休日の呼び出しも多々あり、気を抜ける日が少ない。
つぶれる可能性は無いが、給料の上がる見込みが無いので、将来性は1にしました。
来年度で巡査部長に昇任するが、試験勉強も給料のためだけに頑張りました。このままでは妻と子供を養っていけません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:54人中37人

honne.bizでは、警察官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。警察官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。