初めて扱ったのが女の水死体そのまま解剖に連れて行かれ目...(警察官の本音)

職業 警察官
投稿者名 M        投稿日時:2010/02/27 00:36:40
年齢 34歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
警察官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 初めて扱ったのが女の水死体
そのまま解剖に連れて行かれ目の前で物を扱うように頭や胸をザクザク切り裂き、出した内臓や脳みそを持たされた
遺体に対する扱いが酷く、誰もが物としか扱わない

新人はとにかく誰につくかで人生が決まる
碌でもない部長に当たったら諦めるしかない

職員が仕事で失敗すると家族に電話、何かしらのあら捜しをされ 挙句には家族を攻め立て責任を押し付ける

上に書いたことは全て事実
もっと書きたいことはあるが、一般的に考えられているようなクリーンなイメージはまったくなく
あるのはどろどろの人間関係とノルマだけ
裏では交通切符の売買も行われていました

警察官を辞めて本当に良かったと思います
10年以上働いたけどいいことなんて何もありませんでした
この職業のここが良い 収入が安定していること
尊敬の目で見られる職業
地域の安全を守る正義感
この職業のここが悪い 裏での人間関係がどこへ行っても碌でもない
会話のほとんどが気に入らないやつ批判
これはどこに配属しても変わらない
各自が特権意識を持っているのでどんな職場よりも酷いです
気の弱い若手が来ると袋叩きです
警察官の死亡要因に心不全が多いのは、首吊り自殺をもみ消す十八番です

彼女についての申告許可制 彼女の身上書を提出させられ上司がその人と別れさせるか続けさせるか判断する
車購入申告制 上司が車種をチェックし、購入してもいいか許可を検討する 車種が上司好みでないと購入禁止
マイホーム購入申告制 申告書に記入し、許可されなければ買えない
県外に出る場合は上司の許可が必要 例えば隣の県の親戚の家に顔を出すにも上司の許可が必要
何を使って移動するかなど細かく報告
残業代が安すぎる 残業代は各署に事前に決められた金額があって
その金額の中から各自に分配するから、優先的に貰えるのは警部以上、後は残りカスを細々と分け合う
地域課の実権を地域企画係が握っている 企画は基本的に何かしらの事情があって現場に出れない人が配属される部署だが
彼らは障害者なので基本的に署や部署移動が無い
つまり、地域課長は変わるが、企画係長は定年するまで変わらない
地域はある意味、企画の障害者が中核になっていることに気づいていない、地域課長も企画係長に逆らえない
堂々と天下りを斡旋している
前任の署長は退職後トヨタでかなり上の位についた
現職時でも、家至急、運転手付き 税金の無駄遣い
所有している車両全ての詳細を申告
自宅で使用しているPCにファイル共有ソフトや書類が残っていないか定期的にチェック
やる気のある係長だと自宅まで来てチェックするらしい
エロ画像など全て見られる
うっとおしい体育会系
ベテランの9割が定年前に依願退職する
捨て台詞はいつもこんな仕事やってられるか!

ノルマが厳しい
交通切符、検挙、全てノルマなので、例えば交通切符が少ないと、実績低調者として一箇所に集められ、懲罰講習を受けなければならない 泊りがけ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:66人中57人

honne.bizでは、警察官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。警察官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。