山のような書類の処理。校内の公務すべて。他に雑用...(小学校教諭の本音)

職業 小学校教諭
投稿者名 あきこ        投稿日時:2014/09/11 05:49:29
年齢 48歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 山のような書類の処理。
校内の公務すべて。
他に雑用「狂夢」とも「教務員(教務+用務員)」とも言われている。
校外のごみ拾い、校外でやった児童の不始末の後始末、地域のもめごと相談、カウンセリング・・・・・・。
これが「教師」の仕事なんでしょうか?

希望もないのに強制的に管理職登用のための勉強会に駆り出され、管理職試験を受けさせられます。私のような人間にも声をかけるというのは、よほど人材不足なのでしょう。無能管理職が増えるわけです。
この職業に将来はありません。
この職業のここが良い ・子供たちと関われること。
・仕事が単調ではなく、変化に富んでいること。
・身分上、手厚く守られていること。
この職業のここが悪い ・専任の教務主任になりました。限りなく虚しい仕事です。
・押し寄せてくる書類の山。処理しきれません。国や県は何か施策をするたびに「あれをやったか」「これをやったか」と調査を要求します。議会対策だのようです。いちいち真面目に答えていたら、学校はパンクします。提出書類はすさまじい量になります。
・他に信じられないような仕事・・・仕事と言えるのでしょうか。汚物の処理、ドブさらいもやりました。庭木の剪定・草むしりまでやらされます。
・職員同士の人間関係も難しい。保護者対応だけでもいっぱいいっぱいだというのに。
・上(教頭)になると、さらなる地獄が待ち構えています。当然のような土日出勤、「地域とのつながり」と称する昼夜を問わない強制ボランティア。盆も正月もなく、24時間、365日の仕事で管理職手当は約5.6万円。しかも本俸は下げられ、自腹を切ることが多く、ヒラ教員の方がまだ給料的にはましだとのこと。
・現代の蟹工船のような勤務実態です。にもかかわらず「子供にかかわっている仕事」ということで、あまりにも世間が実態を知らなさすぎます。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中42人

honne.bizでは、小学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。小学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。