★教師は教師でも、「調教師」と呼ぶ方がふさわしいと思います。...(小学校教諭の本音)

職業 小学校教諭
投稿者名 疲れたおばさん        投稿日時:2015/01/28 15:45:15
年齢 49歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ★教師は教師でも、「調教師」と呼ぶ方がふさわしいと思います。言葉が通じない相手に、ありとあらゆることを「しつけ」します。しかし、動物の方が可愛いと思います。親がバカでモンペだと子供まで憎くなります。

★通知票もばかばかしいのですが、指導要録とか復命書とか、無駄なものが多すぎます。
★指導要録も文科省の「ほめて育てる」と言う方針により、褒め言葉しか載せなくなりました。資料として機能せず、子供の引継ぎ資料として、別の物を作る羽目に(親に見せなくて済む完全内部資料を作る、と言うことです)なりました。
指導要録は細かい項目が延々とあり、作るのがとても大変です。しかし誰もこんなモノ信用していません。ちらっと見て終わり。

★「復命書」もだんだん細かくうるさくなってきて、出張時には (教師の「出張」とは同じ市町内の笑っちゃう程度の物) A4表裏にびっしりと内容を書き込むように言われます。本務と全く関係がありません。これで授業の準備をする時間など、なくなります。

★「いじめの調査」も、真面目に答えるとひどい目にあいます。その後、「あのいじめの件はどうなった」と延々と調査が入り続けます。親からクレームが来ない限り、「いじめなどない」と答えた方が、仕事が少なくなります。こういう調査の類が多く、真面目に答えているとパンクします。

★法律で決まった「学校評価」、これが結局クレーマー・モンペを増やしました。学校に好意的な意見はほとんどなく、無責任なクレームばかり。親の学校評価を読むと、自分の家庭教育を棚に上げ、よくもこれだけ無責任なことが言えると、怒りを通してあきれます。そして、やる気をなくします。

★この仕事、長く続けられないと思います。私も定年まで無事でいられるかどうか?
教師の精神疾患が多い理由が、内部にいるとよくわかります。自分の子供には「絶対に教職になるな」と言い聞かせています。
この職業のここが良い ★収入は安定しています。
★ローンを組む時や別の職業の人と接する時などは、なんだかんだいってまだ「教師」と言う身分には信用性があるんだって思います。
★昼代が安くて済みます。給食代は一食約270円です。この金額では、外ではとても食べることができません。
★最大の良い点は、さぼろうと思えば徹底してサボっても、能力的に問題があっても、不祥事を起こさない限りクビにならない、能力があってバリバリの先生と同じ給料をもらえるところです。
この職業のここが悪い ★同年代~50代の先生方の意見に、共感します。悪いことだらけで書くときりがありません。

★給料面で言うと、2つ前の先生が書かれている通り、教師は公務員中最低の待遇ではないかと思います。残業代ゼロなのに毎日6時間ぐらい勤務時間をオーバーし、持ち帰り仕事もあり、土日も出勤することがあります。時給は確かにバイト君ぐらいになり、若い人などは500円を下回ると思います。

★教育政策がころころ変わり、そのたびに右往左往するところでしょう。そしてだれも責任を取らず、すべて現場に丸投げをしています。腹が立ちますが、どうにもなりません。

★「ゆとり」のあとの「学力向上」。「ゆとり」時代、教師までもゆとりでのんびりしている、と思われてしまったようですが、とんでもない誤解です。あれでかえって現場は忙しくなり、今度は「学力向上」とやらで時数が増え、勤務時間内に絶対に終わらない仕事の量を押しつけられ、学校はブラック企業並の勤務となりました。

★教師は「社畜」同然、「学畜」とでも呼べばいいのでしょうか。学校に縛り付けられ、自分の生活を楽しめません。何のために働いているのか、時々訳が分からなくなります。

★若い先生方は、この仕事が「子供のためになる」とか「成長がみられる」とか勘違いをしているようです。しかし、勘違いでもしなければ、とてもやっていける仕事ではありません。
「成長した」と感じるのは、要するにバネが伸びただけです。バネのもともとの長さが変わるわけではありません。一瞬「成長したな」と思っても、すぐに元に戻ります。時間をかければ、誰でも東大に入れるわけではないでしょう。
小学校教師が思っている子供の成長なんて、教師が思っているほどではありません。まさに「幻想」です。幻想に浸っていないと仕事をしていられないなんて、悲しい職業だと思います。

★そういう意味では、指導力があるとかないとか、錯覚している人が多すぎるように思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:48人中48人

honne.bizでは、小学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。小学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。