【職種】獣医師が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

獣医師の基本情報

仕事内容 動物の診療から、保健・衛生面での検査業務まで
平均年齢※ 37歳
平均年収※ 700万円以上800万円未満
獣医師に関連する資格 【資格】獣医師<国> 認定動物看護師
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (79件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 3.5000 [3.5点]
労働時間の短さ 2.1000 [2.1点]
将来性 2.2000 [2.2点]
安定性 2.6000 [2.6点]

その他の動物を相手にする仕事

獣医師の仕事の本音一覧

全部で79件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 製薬企業研究者        投稿日時:2017/06/20 23:16:00
年齢・性別 29歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究職だからと言って高給な訳ではなく、高卒の医薬品製造工場の人たちと殆ど変わらない。私立大卒MRの方が高給
公務員より1時間勤務時間が長く、少し給料がいい仕事といった感じ

薬学卒の有機化学とかの知識に関心する部分がある一方、生物学については薬学卒の知識に呆れることも多い。そういう意味ではWin-Winで特に苦しいことはなく仕事内容は公務員より楽だと思う

研究職はどこも縮小傾向で狭き門。ハラスメント・政治の世界なのでうんざりすることも多い
同級生が聞いたら笑うわコレ。っていう(獣医にとっては)生物学的に常識はずれな意見がまかり通ることは多々あり、そこでニコニコ笑いながら上司にごまをする日々にうんざりすることも

「こんな人たちの給料の7割は結局医療費=税金で、獣医は保険が効かないから同級生は…」って考えると負け

研究所より他部署のほうが更に楽であり、異動を考えることも多い←獣医の意味なし
この職業・職種のここが良い 製薬企業の研究者に獣医師は少ない
臨床検査値の読み取りも病気の診断もできない人たちが新薬を作る研究に携わっているのが製薬研究職の現状
なので動物実験の際には知識が活かせる
そういう意味では薬学出身の人たちと研究スキルが被らないので、うまくお互いのスキルを出し合いながら、簡単に成果が出る
獣医の国家試験を通る人なら誰でも余裕で研究職ができると思う

弱小企業なので、この程度の給料だが、腐っても製薬で福利厚生が良い(家賃は殆ど会社持ち等)
大手に入れれば、臨床の様な博打なく、比較的楽に淡々と1000万を目指せる(それ以上が欲しければ、臨床へ)

研究が嫌になれば統計だとか飼育管理だとか他部署に異動する道もある。給料は変わらない
この職業・職種のここが悪い 獣医師が少ないので、社内政治に弱い
もともといた数少ない獣医がかなり変人が多く獣医出身者というだけで社内に風評被害があることも多い

研究の競争激化で培われたお世辞にも良いとは言えない風土や人間性の上に、社内での獣医の立場の弱さが乗っかるので、基本的に獣医はやらっれぱなしになる
研究成果を盗まれることはしょっちゅうある

現在40代50代の数少ない獣医は、同級生が開業万歳の風潮に乗り、順調に年収2000万をあげている中でわざわざ研究を選んだ人たちで、癖が強く尊敬できない部分も多い
(動物の取扱が凄く下手で臨床行けなかったけど公務員にはなりたくなかった人とか)

企業に行く獣医師の数がもう少しだけ増えなければ改善しないと思う
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 ぺろ        投稿日時:2017/06/10 01:47:48
年齢・性別 64歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
獣医師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 農業共済で家畜診療業務および事務(管理職)
現在、自営業
この職業・職種のここが良い 比較的自分の考えで仕事ができた。
臨床は結果がすぐわかるケースが多く分かり易い。
農家に尊敬され、頼りにされている感がある。
この職業・職種のここが悪い 頭が良いのだろうが変わり者が多い。
専門職のせいか一般的な知識に欠ける人が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 フリーランス        投稿日時:2017/05/10 20:25:15
年齢・性別 30歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ①夜間救急小動物臨床
②一次小動物臨床
この職業・職種のここが良い ①一次小動物臨床施設でたまに遭遇する救急症例に、夜間ではよく遭遇するため、短期間で特殊な経験が積める。時給4000 年560

②予防、軽症例、重症例と満遍なく経験が積める。時給2000 年120

①②ともに、動物によくなってもらいたい、飼い主の不安を和らげたいという気持ちで働いている。その気持ちがないと、続けるのは非常に辛い仕事だと思う。また、時間給にある程度満足出来ないと、上記の気持ちだけで続けるのは辛いと思う。加えて、将来どうしたいのか、開業や業界をより良くしたい等のビジョンがないと、続けるのは辛いと思う。
この職業・職種のここが悪い 将来の明確なビジョンがあれば、悪い職業ではないと思う。
低レベルな診療で動物や飼い主を悲惨な目に遇わせている院長先生、儲けるけるのは経営者だけでよいと考え従業員を蔑ろにする院長先生、が多く見受けられるが、今後減少させることができると思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中14人
投稿者名 いぬ        投稿日時:2017/05/06 15:50:22
年齢・性別 24歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 動物の治療。
新人の場合は、まずは動物の保定、薬の調剤、検査機器の使い方など。看護士さんが行うことがすべてできた上で次に動物の治療。まずは入院動物の治療を、先輩と一緒に行うことが多いと思われる。
とにかく人間関係が大切。獣医は人医と違い、研修医制度義務化されておらず、町の動物病院(一次診療)に就職し、修行し、一人前になったところで開業という流れが多い。修行といっても、研修医のような指導医が存在することはほとんどなく、見て盗め、または、自分で勉強しろということが多いようだ。
また、動物病院は、狭すぎるコミュニティで、馴染めなければ終わり。同期がいないこともしばしば。患者に聞こえる声で怒鳴り散らす先輩も中にはいる。労働条件、人間関係、どちらか一つでもまともならやっていけるかもしれないが、多くの病院はどちらも問題があるようで、辞めていく人も多い。
まともな指導を受けることもできず、教科書による独学で、異常な労働時間とストレスのたまる閉鎖的な人間関係のなかで、患者から感謝されることを心の支えに自分の見失わずに続けていける自信のある人は、きっと大成できると思う。
ここまで書いてきたが、中にはすべてがそろった素晴らしい病院もあるので、そのような病院をかぎ分け、選ぶ能力を磨く必要があった、といまさらながら後悔している。
この職業・職種のここが良い 動物に癒される。癖のある飼い主さんだとしても、飼われている動物に罪はありません。
学会などで大学の友人や先生方と再会できることも多い。
動物が助かって、感謝されたときは嬉しい。

この職業・職種のここが悪い 一日12時間以上の労働は当たり前。(朝8時~夜8時)夜中に急患や手術があれば、さらに長くなる。
連休はほとんどない。体力が無ければ、休日はほとんど寝てしまい動けない。
職場によっては、自分の休日に手術がある場合、見学に来なければ、見になんで来ないのか、と逆に心配されることも。
医学部のような研修医制度はない。教育システム自体に問題があるように感じる。6年間学んだといっても、研究室次第では犬猫に実習以外で触れ合ったことのない学生も多い。
また、飼い主は病気だけでなく、しつけ、問題行動、栄養学など犬猫に関するすべてのことを知っていることを期待して、病院に連れてきているので、飼い主が求めることと、自分が勉強してきたことのギャップを感じることもある。すぐに答えられない自分に嫌気がさす。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中7人
投稿者名 ねこ好き        投稿日時:2017/04/20 19:23:28
年齢・性別 27歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小動物(犬猫メイン、ウサギや小鳥などエキゾ動物も含む)診察、内科治療、外科手術、臨床検査、夜間救急対応、飼い主向けセミナーの講師など
この職業・職種のここが良い 病院の規模によってかなりメリットデメリットは変わる。
自分は、複数の病院を経営する、業界の中では大きめの企業病院で丸3年間勤務した。
獣医師も複数(専門資格持ってる先生も)所属し夜間救急も行っていることから、予防やワクチンなどから大学病院クラスの重症患者、セカンドオピニオン、今にも死にそうな急患まで、幅広い症例が来院する。分からないことがあっても、他の先生に相談できたり、専門医を招いての勉強会や学会参加の補助もあるので、おそらく小さい病院よりは、やる気と体力さえあれば経験を積むことは容易い。

やりがいとしては、とにかく患者さんが治ったとき、治らなかったときも真摯に取り組んでいれば、飼い主さんにありがとうと直接言われること。
パズルを組み立てるように、自分の五感や検査データをフル活用して診断を導き、治療プランをたて、それが思った通りだったときは不謹慎ながらガッツポーズである。
帝王切開で初めて小さな命の誕生を助けたときなどは感動した。
この職業・職種のここが悪い とにかく時間的拘束が長く、休日も一定ではない。夜勤がある場合、生活リズムはめちゃくちゃになり、体調を崩しやすくなる。
緊急のオペが入れば深夜まで、自分の担当患者が急変すれば休日だろうと呼び出しがかかることもある。
長期休暇なんて夢のまた夢、お盆や正月に実家で家族と過ごせたことは、この3年間1回もない。
土日祝休みの一般的なシフトで働いている友達などとは休みが合わなくて疎遠になってしまう。

さらに、どんなに頑張っても動物の死は避けられない、たまに理不尽な理由での安楽死や治療の中断(お金がないから諦めるとか)ことにも直面し、精神的な負担となる。
動物が好きすぎる人には逆に辛いかもしれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 ゆう        投稿日時:2017/03/30 01:01:11
年齢・性別 31歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小動物勤務医
この職業・職種のここが良い 飼主さんと動物を通じて楽しくコミュニケーションがとれる
この職業・職種のここが悪い 担当患者が亡くなりそうな時、気持ちが休まらず気が気ではなくなる。申し訳ない気持ちと悔しい気持ちに駆られて毎日を過ごしている。責任を持って患者を担当するってことは、何でもできないといけないし、知識だけでなく技術をもっていないと太刀打ちできないことがある。失敗やミスは絶対に許されない仕事。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中3人
投稿者名 ひろし        投稿日時:2017/02/09 13:01:30
年齢・性別 35歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小動物臨床。ハードで安定性に欠き、将来性もあるとは言えないものの、人口減少していく日本においてはどの業界でも同じこと。その中で差別化して生き残りをかけて日々勉強しチャレンジし、患者に対して愛情を持って接していく必要がある。
この職業・職種のここが良い 知識と技術の蓄積ができる。パズルのように病態を紐解いていき、実際に治り感謝されるのでとてもやりがいを感じる。私はこの仕事に誇りを感じています。
この職業・職種のここが悪い 現在毎年開業は増加しており、一方で飼育頭数は減少している。今後開業は非常に厳しい情勢になってくると思われる。また長時間労働が多く、体調を崩しやすく、家族の理解も必要。また、バランス感覚の良い獣医師が少なく、社会不適合者のような人間が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中15人
投稿者名 るん        投稿日時:2017/02/04 16:38:22
年齢・性別 31歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 家畜保健衛生所
・病気のサーベイランス
・病気の検査
・最終的には消毒と飼養衛生管理の徹底を言うのみ。
・行政事務
・農家立ち入り調査関係
この職業・職種のここが良い 精神的に楽!!!

動物病院に勤務していたのより年収200万円近くあがったよ!!!勤務時間短いし、プレッシャーがないのに!仕事内容、余裕。
この職業・職種のここが悪い やりがいに欠ける

上司があまり知識がない。(公務員は臨床獣医師と比べて必死さに欠けるから仕方がない)

年功序列

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 むーにー        投稿日時:2016/12/01 13:16:13
年齢・性別 37歳(女性)
年収 300万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
獣医師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 食鳥、と畜のバイト。
結婚していて子どももいるので月に10日程度のバイトはありがたい。
この職業・職種のここが良い 日給13000円。4時に帰れる。子どもの学校行事でも自由に休める。
バイトとしては最高です。
この職業・職種のここが悪い くさい…。
その日の配置によって鳥、豚、牛がある。においが違うので、学校から帰った子供がわたしの頭をクンクンかいで
「ママ、今日牛?」と当てっこします。
髪ににおいがついているようです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中13人
投稿者名 タロウ        投稿日時:2016/11/14 20:44:23
年齢・性別 35歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
獣医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 常に勉強しないといけない 新しい技術や知識が必要
この職業・職種のここが良い 社会的地位が高い
この職業・職種のここが悪い 患者がいるため24時間対応しなければいけない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:32人中15人
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

獣医師の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※獣医師として現在仕事をしている方、もしくは過去に獣医師をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
獣医師のここが良い
獣医師のここが悪い
仕事内容の詳細
獣医師に対するあなたの状況

獣医師とは

獣医師(じゅういし、英語:veterinary physician)は、ヒト以外の動物の医師。 日本で獣医師になるためには、獣医学系大学を卒業して農林水産省が実施する獣医師国家試験に合格し、獣医師免許を取得しなければならない。獣医師の総数は3万5379人である(平成22年12月31日時点)。 獣医師でない者が、飼育動物(牛・馬・豚・めん羊・山羊・犬・猫・鶏・うずら・その他獣医師が診察を行う必要があるものとして政令で定めるものに限る)の診療を業務としてはならない業務独占資格でもあり、獣医師でない者が「獣医師」の名称を使用したり、「動物医」・「家畜医」・「ペット医」等の紛らわしい名称も用いたりしてはならない名称独占資格でもある。 獣医師法では、動物の診療や保健衛生指導などを通して、次の三つに寄与することが使命とされている。 動物の保健衛生 畜産業の発展 公衆衛生の向上また、獣医師資格を保有していても所定の届出を行っていない場合は臨床に携わることができない。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、獣医師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。獣医師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。