【職種】言語聴覚士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

言語聴覚士の基本情報

仕事内容 「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト
平均年齢※ 33.4歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
言語聴覚士に関連する資格 【資格】言語聴覚士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (103件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 2.9000 [2.9点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 2.8000 [2.8点]
安定性 3.3000 [3.3点]

その他のリハビリを支える仕事

言語聴覚士の仕事の本音一覧

全部で103件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>
投稿者名 宅配ドライバー        投稿日時:2020/09/07 22:05:51
年齢・性別 32歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 言語障害、高次脳機能障害、聴覚障害のある方のアセスメントとリハビリ。音声障害とか吃音の方はほとんどお目にかかることがなかったなー。
この職業・職種のここが良い あるのか・・・ないと思う。
国家資格だから良い、という意見があるけど、国家資格だからこその制約と、資格にあぐらをかいてなんとなくリハビリしている人の多さを考えると長点ではないんでないか。
患者さんや家族に感謝されるから嬉しい、という書き込みもあるけど、(ほぼ強制的に)関わっているだけで感謝されるようなことはほとんどできていない!それなのに感謝されることの方が心が痛む。
このサイトは、STが嫌になった人が書いていることが多いからネガティブな印象を受けるかもしれないけど、書いてあることはほぼ正しいし実情を反映していると思うよ。
迷ったらすぐやめた方がいい仕事。
この職業・職種のここが悪い 実益がないこと!実益をもたらすことができないこと!患者さんに一時間、1対1で関わって、診療点数稼いで、税金使っているのに、実際に患者さんにメリットをもたらせないこと。治療ではないこと。

専門学校の1年目の途中で、先生たちの説得を振り切って友達が辞めていたけど、今思えばヤツの行動が正解。自分も授業、実習に疑問を持ちつつ資格を取って就職して働いたけど、見事数年間を無駄にした。今は食品系の宅配ドライバーをやっていて、身体的にはSTよりきついけど、ちゃんと働いて社会の役に立っている実感が持てるからST時代の100倍気持ちは楽。

結構ベテランのSTでも、意識障害ある患者さんを座らせている横でカルテ入力だけして、時間になったら終了にして、座らせていた時間をリハビリとして請求していたり。。。家族や実習生が同席する時と、患者さんだけの時とでやる内容や頑張りっぷり(声の張りとかね)が全然違ったり。。。自分よりベテランの人の症例報告では何も言わないのに、新人の人の報告の時には「脳の損傷部位との整合性は?」とか細かい嫌味な質問をしたり。。。
なんか、こういう大人になりたくない、と先輩STを見て日々思っていた。でも、仕事の内容や環境からそうなっちゃうんだろうな。本質的ではないところでこだわる人が多かった。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 st/しょうもないセラピスト        投稿日時:2020/08/22 17:04:47
年齢・性別 36歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院勤務。えんげメイン。
この職業・職種のここが良い まだ働き口はある。
この職業・職種のここが悪い リハビリにエビデンスがなく、日がな1日とろみ茶作ってゼリー食べさせてるだけ。はっきりいっていりませんこんな職種。ot入れた方がマシです。需要もへってきてますので介護屋さんに転職したほうが食える気がします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人
投稿者名 転機はいつ        投稿日時:2020/07/31 23:30:29
年齢・性別 30歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 言語聴覚分野全て経験しました(失語など高次脳機能、音声、構音、摂食嚥下、小児発達、聴覚)。仕事内容はそれぞれの症状の評価とリハビリの提供。多くの場合評価は必要だと思います。その後のリハビリ提供で患者様にメリットがある分野は、この中でも本当に少ないです。
この職業・職種のここが良い 職場を選ばなければ仕事はあると思います。親は国家資格を取って大きな病院で働いていると安心します。
この職業・職種のここが悪い  真面目に働いてきたと思います。ただ、仕事をしながら「これ意味ない!」と叫びたくなる場面が多々あります。患者様を良くするための手段を持っていないのに、決まった時間(20分、40分、60分など)はリハビリを提供しないといけないので、話を引き伸ばす必要があります。患者様は、ある意味それに「付き合ってくれている」ようなものです。毎日、患者様に申し訳ない気持ちです。成果(患者様の改善度)ではなく、かけた時間でしか評価できないという構造がそもそも疑問です。
 評価の時は別ですが、リハビリの内容は、本の読み聞かせボランティア、傾聴ボランティア、病棟の看護師補助さん、高齢者エクササイズのインストラクター、高齢者お絵かき教室やカラオケ教室の教師、という仕事に似ています。若い人が真面目に取り組んで、40年近くキャリアを重ねるには、本当にきつい仕事です。
 高校生や、他の職種からキャリアチェンジを考えている方は、よく考えた方が良いです。学校の宣伝でやりがいや専門性を売っていますが、どちらも低く虚しい仕事です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中21人
投稿者名 えいこ        投稿日時:2020/07/30 16:47:15
年齢・性別 28歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 嚥下、失語がメインだが、どちらもエビデンスはなく詐欺みたいな介入しかできない。この時代に絵カードとか水飲みとか笑っちゃう。
VEもできないから、なんとなく嚥下機能を評価してるだけから窒息させるリスクあり。永遠絵カード見せて患者にストレス与えるだけの恐ろしい職種。
この職業・職種のここが良い 超馬鹿でも専門学校に入れる。
学問としての深みがないので広く浅くまなぶだけだから、勉強は超簡単。
馬鹿で意味のない職種だという自覚が薄い奴が多いから幸せな職能集団。
リハ科所属でOTやPTの仲間に入れてもらってる気になれる。
この職業・職種のここが悪い 病院ヒエラルキーの最底辺。本当は高次脳なんて公認心理士が専門。3年制の専門では馬鹿か勝てるわけない。嚥下も姿勢や筋力、体幹が問題のことも多いからOTがやったほうがいい。
患者に役に立つことは何もないゴミ職。診療報酬もらってる詐欺集団。
エビデンス何一つなしの恐ろしい資格。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中11人
投稿者名 約1年前に投稿した者です        投稿日時:2020/07/08 18:47:42
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 約1年前(いずれはST業界とはおさらばしようと思っていた時期)に投稿して、また自分の気持ちの再確認のために投稿してみました。

1年前と気持ち的にはさほど変化なく、やはり「やりがい」の面が非常にネックな仕事であると思っています。

「必要な治療を、必要なだけ」という考え方では、課されているノルマ(一般的に18単位くらい?)に安定的に到達するのはまず無理だと考えます。そこでどうするかというと、やはり諸々の悪事を働くしかないわけです。介入する必要がない→無理やり介入して1単位、1~2単位で本当は事足りる→わざと間延びさせて3単位、という「おせっかい作戦」「間延び作戦」はまだ可愛いほうで、発覚すればちょっとした問題になるような行為も・・・必要な時もあるでしょう。

どんな職業でも、悪事を働かないと収益を出せない面はあるかと思いますが、病人やその家族をターゲットにしている面がやはり心のダメージになります。自分は何をやっているのだろうと・・・。私は以前販売業をしていましたが、健常者を相手にするのとは全く違った辛さがあります。

しかし、やはり腐っても医療職で、最低限の収入は手堅い面や、福利厚生の良さも事実としてあります。アコギなことをやってでも待遇を維持するか、今よりも不安定になるけど自分がアコギだと思わない業界・業態を探し求めるのか、そこの部分の戦いだと思います。

現実的に考えて、この業態の根本的な改革は難しいと考えますので、現状があまりにも辛いなら、STを辞める、もしくは職場を変えてみる、のが最善かと思います。結局は、好きな人が続けるのが一番でしょうから・・・。
この職業・職種のここが良い 患者様、ご家族様、多職種の方々から感謝されることは時々ある。
この職業・職種のここが悪い 結局は収益の駒として暗躍させられている面が否めない。また、そのために心が痛むことも多々しなければならない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 apparel        投稿日時:2020/06/16 00:40:32
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院で発達障害のリハビリを3〜6歳メインに行っています。
休みは土日祝で有給も100%好きなところで使えています。
一日、だいたい6〜7件✖️3単位の18〜21単位です。
記録等は空いた時間にやっています。日時だけ気をつけて書いているので中身はスカスカです。
最近、日本で非常な犯罪のニュースが起こっています。ニュースを詳しく調べると犯罪者の方にはどうやら発達の歪さがある?、幼少期に親子の愛着関係が形成できなかった?ということが報じられています。
3〜4年仕事をやって気づいたことは子供の言語・コミュニケーション能力の向上が目的ではなく、親が障害受容を出来ず歪な子育てをしてしまわないためのセーフティネットの役割が1番大きいような気がします。
この職業・職種のここが良い 休みがとりやすい。
国家資格なので転職がしやすいかも?ただし、小児領域はいく当て無し。
職場によりだか残業が少ない。
どんなにあたまが悪くても養成校にいってニコニコしてれば誰でも資格を取得できる。
汗をかいたり、肉体的に辛い思いもしなくて済む。
思考停止しても仕事がこなせる。
この職業・職種のここが悪い 初任給こそ、高校の同期よりも僅かに高かったが徐々に差がなくなってきている。
とはいえ、仕事にはいくら励んでもそれが待遇に反化されることはない。そして昇給も雀の涙ほど。
県内では1番、待遇の良いところに勤めていますが年々、やりがいを見出せなくなっている。周りの人間がなぜ、この仕事にやりがいを見出せているかが不思議でならない。もちろん、お金だけがやりがいではないにしても患者のことを思うとこんなことをして本当に意味があるのだろうか?という気持ちに苛まれる。
良い点として感謝される事といっている方がいますがされればされるほど罪悪感で私は胸が痛くなります。
最近、結婚したこともあり、この先とても不安で胸がいっぱい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中18人
投稿者名 なんとかなるで        投稿日時:2020/06/06 19:27:34
年齢・性別 46歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 特養で主に看取りの方のリハ?をしています。
他には認知症、高次脳機能障害、嚥下の評価などなど。
施設なので何でも屋。
この職業・職種のここが良い 44歳で養成校へ入学し、46歳の今、常勤職員として就職できました。子供2人いるシングルマザーですが、なんとか食わせていけます。
わたしは寂しがりやなので、施設で毎日ご利用者さんとお会いできることがとても幸せです。たまにセクハラされますが、リハビリ職は「はい、じゃあここまで〜」と言ってトンズラできますし。
この職業・職種のここが悪い 特養で働く場合、基準として100人の利用者へ対し機能訓練指導員は1人でいいのでブラック職場になりやすいです。
病院勤務の友人はめんどくさい小競り合いに巻き込まれて参っているとのこと。女性が多い職業ゆえでしょうか。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中5人
投稿者名 パタカラおばさん        投稿日時:2020/05/26 19:42:45
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 就職場所によって変わってくるが、最近は嚥下が求められることが多いようです。
あとは認知訓練が多いです。
この職業・職種のここが良い 国家資格なので社会的信用が得られる。
メリットはそれしかない。
この職業・職種のここが悪い 給料が低い。昇給もしない。1日21単位マックスやらされ残業は必須だが残業代なんてほとんどでない、評価の採点に時間がかかる、勉強会が多い。
患者さんが高齢化していて、ほとんど認知症が入っているため認知訓練がメイン。純粋な失語症の患者さんは少ない。嚥下訓練もイマイチ効果があるのか。
水飲み検査やRRSTってみなさんやってるの?
VE,VFがある病院だと、医者や栄養士などより多くの他職種と関わるのでだるい。
あとはトイレ介助やおむつ交換もやります。車椅子移譲では、腰がやられます。

トイレ介助やおむつ交換もやらされる。
正直STの行う検査では、正しく評価できない。VE,VFが必要だが、VE,VFがある病院だと医者や栄養士などより多くの他職種と関わるのでだるい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中17人
投稿者名 バタカラ        投稿日時:2020/05/25 23:39:42
年齢・性別 38歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 訪問言語聴覚士。
成人〜小児、高次脳、失語、構音、嚥下、栄養、言語発達、
聴覚以外の仕事
この職業・職種のここが良い まだまだ未開拓。ニッチ産業。
自分で療法を編み出すのが楽しい。
地域に出ればライバルが少ないから引く手数多でVIP待遇。
それに答えようといろんな勉強会に出ることで、
やりがいが感じられて実力もアップする。
簡単にWIN-WIN-WINの関係が構築できる。
立ち回りが上手ければ稼げる!
この職業・職種のここが悪い 悲観的なSTが多いですね。
既存の療法にケチをつけて、
できないのは他人のせいにしているのが見苦しい。
やらない。できない。のは自分のせいだと俯瞰できていない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:46人中11人
投稿者名 くう        投稿日時:2020/04/19 07:08:59
年齢・性別 40歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 失語、嚥下、高次脳など
この職業・職種のここが良い 医療職という社会的信用
この職業・職種のここが悪い STリハはほぼ意味ない。患者が勝手に回復してるだけ。心底真剣に取り組んでいるSTは考え方が気持ち悪い。独身のお局が多い。
PTOTが歩行訓練とかやってる横で(厳密には横じゃないけど)パタカラとかやってると自分何やってんだろうって思う。こんな意味ない仕事世の中にありますか?カルテに記載すると他職種から「ディアドコキネシスって何?」って聞かれて、「あ、パタカラです…(小声)」本当に恥ずかしいし、何かごめんなさいって思う。他の訓練だって意味なさ過ぎる。訓練する側もされる側も退屈でつまらない。意味あったとしてもどうでもいいくらい些細なこと。
食事だって嚥下を勉強しているOTが見た方が姿勢、自助具などトータルに改善できる。STの行う◯◯嚥下とか退院したらやらないだろ。家でやらないもんやらせて完全に自己満。

就職先も少なくなってきている。飽和が進んできていることもあるが、医療機関や施設がSTの無能さを気付いてきているため人数を増やそうとしない。ST雇うくらいならPO増やした方がよっぽど世の中の為になる。
STに疑問を持つ若手は違う業界に転職した方が活躍できるかもしれない。なぜならこんな意味の無い仕事に疑問を持つことは正常な思考だから。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:39人中34人
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>

言語聴覚士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※言語聴覚士として現在仕事をしている方、もしくは過去に言語聴覚士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
言語聴覚士のここが良い
言語聴覚士のここが悪い
仕事内容の詳細
言語聴覚士に対するあなたの状況

言語聴覚士とは

言語聴覚士(げんごちょうかくし、英: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。 定義 言語聴覚士法(1997年制定)に基づき、言語聴覚士(げんごちょうかくし)とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいうと定義されている。 業務 言語聴覚士が対象とする主な障害は、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがある。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、言語聴覚士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。言語聴覚士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。