【職種】言語聴覚士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

言語聴覚士の基本情報

仕事内容 「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト
平均年齢※ 33.4歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
言語聴覚士に関連する資格 【資格】言語聴覚士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (103件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 2.9000 [2.9点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 2.8000 [2.8点]
安定性 3.3000 [3.3点]

その他のリハビリを支える仕事

言語聴覚士の仕事の本音一覧

全部で103件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>
投稿者名 irico        投稿日時:2020/04/18 13:26:11
年齢・性別 45歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 失語症を中心とした高次脳機能障害、発声発語機能の障害(構音や音声の障害)、摂食嚥下機能障害に対するリハビリテーションの他、認知症や終末期、がんの患者への対応も求められます。
この職業・職種のここが良い なぜコミュニケーションや食べることがうまくいかないのか、その原因を適切に評価できること、それが言語聴覚士の存在意義だと思います。もちろん、たくさんの経験を積む必要がありますが。
この職業・職種のここが悪い 言語障害の専門家のはずなのに、近年は嚥下障害への対応ばかり求められます。STとしての視点を失ってしまうと、単なるナースエイドのような仕事になってしまいます。弱小部門ですから、よっぽど上手にアピールをしていかないと軽んじられます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中7人
投稿者名 なか        投稿日時:2020/02/03 22:47:54
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 対象は回復期の成人のみ。
失語、高次脳、嚥下、構音のリハビリ。
この職業・職種のここが良い 定時で帰れるくらい。
この職業・職種のここが悪い 独身なら給料が安くてもなんとかなるが、男性が家庭を持つと共働きは必須。嚥下に関しては重宝されるが、ptotに比べると全体的にstリハの需要が薄い。女性が多いせいか陰口や陰湿なイジメがある。男性のstは緩慢、女性のstは繊細な傾向がある為、stのトップが男性か女性によってその職場の雰囲気がガラリと変わる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中24人
投稿者名 詐欺        投稿日時:2020/02/01 00:09:10
年齢・性別 32歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 エビデンスが全くないのに、診療報酬もらっている詐欺集団。言語も嚥下も全く無意味。誰がやっても似たり寄ったり。だって治療法がないんだから。舌の運動とか顔面マッサージとか詐欺の代表。ブラーイング?シャキア訓練?完全にゴミ。高次脳は公認心理士が専門。専門学校あがりの言語聴覚士では太刀打ちできるわけない。
嚥下は摂食機能療法に集約され、つまり言語聴覚士の訓練では意味ないとされてしまった。
あれ?本当に詐欺じゃん!
この職業・職種のここが良い あります?
超簡単に学校入れて、適当にテスト受かったいけば資格取れるところかな。
詐欺資格だけどね。
この職業・職種のここが悪い 悪いところしかないじゃん。
やってること正しいと証明できてないのにお金もらって恥ずかしいよね。
誤嚥で窒息するのにサクシャンもまともにできないし、人殺しちゃうかもね。失語症の訓練てマジくそ。絵カードなんて、ボランティアのおばちゃんでいいよね。
心理だって公認心理士や臨床心理士、もしかしたら作業療法士の足元にも及ばないよね。
あれ?誰の役にも立ったねぇや。それなのに給料もらって、税金使ってごめんな!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:50人中34人
投稿者名 たか        投稿日時:2020/01/19 01:12:23
年齢・性別 35歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 成人の構音障害、失語症、高次脳機能障害、嚥下障害を対象
この職業・職種のここが良い 唯一無二の職種であり、コミュニケーション、摂食・嚥下領域で重宝されていること
この職業・職種のここが悪い 自己研鑽が必須で特殊な業務であるためやりがいを感じるまで10年かかったこと。リハビリ効果の有無に関わらず給料に反映されないこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中7人
投稿者名 転職検討中        投稿日時:2019/12/01 21:49:42
年齢・性別 38歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 高次脳、嚥下、構音障害、小児発達、など
この職業・職種のここが良い 院内で同職種が少ないため、重宝がられることもある。
この職業・職種のここが悪い 10年以上働いてきたけど、結局自分ができることがわずか(もしくはない、もしくはマイナス)であること。
患者さんに期待ばかり持たせて、結局効果のない(もしくはあるかないか分からない)ことを続ける辛さ。
自分の子供には絶対に勧めない仕事で、自分自身も転職検討中。こんな「意味のあるふり」をあと20年続けたくない。
医療業界は意外と合理性が低く、再現性も低い。あたる医師やリハ職によって患者様のたどる道が異なったりする。アカデミアも思いの外同じで、がっかりする。「もっとエビデンスを」とみんな言うのに何をすれば良いのか結局誰も分からない現状。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:41人中40人
投稿者名 半分隠居        投稿日時:2019/11/05 16:31:26
年齢・性別 39歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 施設なので認知リハビリとかいう計算とか本読みとかさせる仕事が中心です。
ベルトコンベアー状態でやらせておしまい。嚥下の指導とか評価も有るけどそもそも評価しても従う気がない介護職ばかり、看護も施設は微妙。業務量としては少ない。
この職業・職種のここが良い まったり
一人でできる
定時に帰れる
仕事が回れば休める
社会福祉法人はそこそこ退職金がいい
この職業・職種のここが悪い 昇給しない。
昔は理学療法は高給取りでいずれは言語聴覚も給料あがると信じてたのに梯子を外された!
リハビリ効果が無い、前向きなことを言ったり演じないといけない。効果無いしじじいばばあはそのうち死ぬのにとか悪いことを定期的に考えてしまうくらい効果もやりがいもない。
それでも450万以上民間企業で稼げないからしがみつくしかない。
最近は介護職員も生意気でかけた学費や時間を思うと割に合わない!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中28人
投稿者名 ブルー        投稿日時:2019/10/25 12:59:49
年齢・性別 40歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 急生期の公立病院
対象は成人のみ
摂食機能療法がメイン
この職業・職種のここが良い 患者さんが良くなると嬉しい
患者さんや家族から感謝される
選ばなければ常に求人はある
この職業・職種のここが悪い 自分の判断が患者さんの生命、人生に影響することがある。精神的なストレスは強い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中6人
投稿者名 あいうえお        投稿日時:2019/09/11 17:06:27
年齢・性別 30歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小児の言語・嚥下練習(ASD、ADHD、吃音、言語発達遅滞、機能性構音障害)
急性〜回復期の脳血管疾患患者への言語聴覚療法(言語訓練、嚥下訓練、高次脳機能訓練)脳血管疾患以外の患者への嚥下訓練
老健施設での経口維持練習
この職業・職種のここが良い 感謝される
求人は一定数ある
この職業・職種のここが悪い 嚥下障害患者の誤嚥の責任を取らされる可能性があり、リスク管理能力が求められる
書類作成に時間を取られる事が多い
リハセンター長がPTやOTであるため、守ってもらえないので自己防衛が必要
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中12人
投稿者名 ST 訪問1人職場        投稿日時:2019/09/08 15:33:48
年齢・性別 35歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 訪問による、成人の失語症、嚥下訓練、発声、構音訓練など。
この職業・職種のここが良い 様々な人に会える。患者さん、利用者さんの信頼を得ることができれば、年齢の離れた人生の先輩、友人のような関係を築ける。
1人職場もあるため、そこに就けば自分のペースである程度自由に仕事ができる。
場所、給与に対するこだわりが強くなければ、辞めても再就職しやすい。
この職業・職種のここが悪い 端的にいうと詐欺師に近い仕事。
患者さんに対し、さも有意義なことをしているかのように思わせる話術、演技力が要求される。時には自分自身をも騙す必要がある(これが1番苦しい。)
明確な技術、手技が少ないため何年経験したセラピストが介入しても大きな差はでない。そのため、自己研鑽をする意欲が湧きにくい。その割に経験年齢を盾に新人にパワハラのようなことをするセラピストも結構いる。
全体的にリハ職の中でも閉鎖的な印象。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中30人
投稿者名 STやめたい        投稿日時:2019/09/05 16:56:10
年齢・性別 23歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 維持期
主に嚥下評価、リハビリ
失語、高次脳の人はほぼいない
事務作業
この職業・職種のここが良い 何その仕事、凄いね!と言われる。
医療職という肩書きで見栄を張れる。
定時で帰れる
この職業・職種のここが悪い 給料が低い
十分な新人教育が受けられない
勉強会は強制ではないが上司から無言の圧がある
勉強会は自費、休みは潰れる
エビデンスのないリハビリで何が正しいか分からない
正解がない、維持期では出来ることが少ない
看取りの方が多く何も出来ず亡くなっていく
それでお金をもらっている罪悪感(ただの詐欺)
STリハビリは拒否されることが多い
他職種に楽な仕事と思われている
しっかりとした検査ができないのに食事評価をしろと言われる(下手すれば誤嚥や窒息で人殺しになる)
実習が厳しい
向いていない人は続かない

私は安定してるからとか、かっこよさそうだからという理由でこの仕事を選びましたが心から後悔しています。4年制の学校に通っていたのでこれまで費やしてきた学費や勉強量を思うともったいないと思いますが、1年目でも辞めるべきだと思っています。本当に人のために努力出来る人でないと続かないと思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中19人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>

言語聴覚士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※言語聴覚士として現在仕事をしている方、もしくは過去に言語聴覚士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
言語聴覚士のここが良い
言語聴覚士のここが悪い
仕事内容の詳細
言語聴覚士に対するあなたの状況

言語聴覚士とは

言語聴覚士(げんごちょうかくし、英: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。 定義 言語聴覚士法(1997年制定)に基づき、言語聴覚士(げんごちょうかくし)とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいうと定義されている。 業務 言語聴覚士が対象とする主な障害は、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがある。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、言語聴覚士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。言語聴覚士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。