【職種】言語聴覚士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

言語聴覚士の基本情報

仕事内容 病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家
平均年齢※ 32.9歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
言語聴覚士に関連する資格 言語聴覚士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (44件) 3.4000 [3.4点]
給料 3.0000 [3点]
やりがい 3.5000 [3.5点]
労働時間の短さ 3.2000 [3.2点]
将来性 3.5000 [3.5点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他のリハビリを支える仕事

言語聴覚士の仕事の本音一覧

全部で44件の投稿があります。(21~30件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名         投稿日時:2015/05/29 21:43:11
年齢・性別 27歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 成人領域

失語 高次脳 摂食嚥下 構音障害
この職業・職種のここが良い 選ばなければ仕事はある

国家資格という安心感

治療効果が出れば感謝される
この職業・職種のここが悪い サービス残業多い

世界の狭い若手セラピストに囲まれた環境

PTOT分野の勉強会への参加を強制される

治療効果が出にくい

その病院に長くいるだけでたいした治療効果も出せないお局に根拠も示されずとやかく言われる

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中4人
投稿者名 成人から小児        投稿日時:2015/04/09 02:00:34
年齢・性別 24歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小児の言語リハ
ダウン 自閉 発達障害 構音障害 ADHDなど
この職業・職種のここが良い やりがいなどを考えなければ
維持期・療養あたりは給料高い
転職がしやすい
免許あるから安定してる
この職業・職種のここが悪い 治療効果が分かりにくい
コミュニケーション力と信頼がないと死ぬ
病院によっては死ぬほど忙しい
昇給しにくい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中6人
投稿者名 U        投稿日時:2015/03/02 03:42:20
年齢・性別 36歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 診療、指導、助言を行う
カルテ、書類
カンファレンス
会議
研修
学会発表
この職業・職種のここが良い ありすぎてわかんなーい。(*´∀`)
この職業・職種のここが悪い 質の悪い学生を量産育成する専門学校、大学の存在。特に茨城 東京 群馬 新潟に多い
課程博士でもないただの論文博士の人、何も無い人が教授、講師として教鞭に立てることが専門学校、大学で成り立っている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中17人
投稿者名 元ST        投稿日時:2015/01/10 06:06:56
年齢・性別 33歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 •お酒の無いホステスの様な仕事とよく感じていた。時には励まし時には宥めすかし、時にはお尻や胸を触られ。。。


大卒→専門を検討してる人はよく考えた方が良い。私がその口だったが普通に銀行に就職した友人と自分の2年間の学費と労力、その後の給料を比べた際とても切ないものを感じた。
また同僚は若い頃から医療の世界にどっぷりハマりその世界しか知らない人が多い。その人達の周りも医療にどっぷりな人が多いので必然的に世界が狭くなる。ST学科の大学出身者や高卒専門過程の人はそこまで感じていない様だが他職種経験者や普通大学出身者で周りに医療外の仕事をしている人が多い人は異様な世界に染まれないこと多し。自分は了見の狭い人達と仕事をし、噂話、スタッフ•患者の悪口を聞く毎日にウンザリだった。
給料面、やらがい、環境、どれをとってもあまりお勧め出来る仕事ではない。
この職業・職種のここが良い •選ばなければ職はある。働きたいと思えば1 週間後に働くことも可能。
•とりあえず国家資格があるという安心感
•人好きでコミュ力高く自己犠牲を厭わない人には向いている
•パートで働くなら時給は高め
•患者からは感謝されそこはやりがいに結び付く
•嚥下訓練は目に見える効果もあり比較的やりがいを感じやすい
この職業・職種のここが悪い •仕事の割りに給料は基本薄給。意識の高い人が集まる大学病院は特に酷い労働環境。勉強したいと思えば思うほど給料と環境は反比例。介護施設、訪問以外で給料高い都会の病院は問題ありな所多し。
•偉くなればなるほど臨床から離れる。スキルアップの目標が見出せない。
•臨床時間は大したことないがカルテの記入、カンファレンス資料の作成、会議、委員会の仕事、紹介状の記入、入退院の資料作製、プログラムの見直し、教材作りなど雑務が多い。回転早い急性期や回復期では就業時間内に上記全てこなすのは無理。だが残業代は申請しづらく無いも同然。
•『患者さまのために』をモットーに病院が頑張れば頑張る程仕事が増える。但しその対価はない。
•医療職は変人多くめんどくさい人多し。特にナースとの関係作りは厄介。体育会系PTとも合わないと肌で感じること多し。
•患者に身体を触られることあり。
•言語訓練は正直訓練効果がわからない。やりがいをあまり感じなかった
•唯一独立できるSTだがリスク管理を考えると現実問題難しい。
•STAP細胞発達したら仕事激減の可能性あり。だがむしろ患者のことを考えるとそうなって欲しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:50人中34人
投稿者名 辞めたい        投稿日時:2014/12/21 23:06:34
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 嚥下障害、失語症、高次脳障害、構音障害のリハビリ。
急性期なので訓練よりも評価がメイン。
サービス残業多し。
この職業・職種のここが良い 今のところ就職転職先に困らない
夜勤がない
この職業・職種のここが悪い 治療効果が薄い
卓越した技術があるか、コミュ力がないと、長くは働けない
面倒くさい変人が多く、人間関係がうっとうしい
ナースに嫌われる
仕事内容がはっきりしていない
出世出来ない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 元リハビリ科主任        投稿日時:2014/11/05 21:23:29
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 高齢者や脳血管障害者に対する言語訓練や摂食嚥下訓練
この職業・職種のここが良い 時代のニーズには合ってるかもしてません。
専門性の高い職業です。
労働時間は非常に短いです。
奉仕精神、ボランティア精神が必要です。
この職業・職種のここが悪い 治らない。やりがいは無い。自信が持てない。院内での地位が低い。
自分の存在意義を見出すのが難しい。
精神的にダメージを負う。
訓練効果が低いので同じことの繰り返し。
環境変化がない。
やめる人が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 いたん        投稿日時:2014/09/03 00:08:31
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院にて小児~高齢者の認知、言語、聴覚、嚥下、コミュニケーション等。
この職業・職種のここが良い ・看護師程ではないが、転職は容易(選ばなければ)
・まだ数が少ない為、公務員(市立病院等)・大企業(企業立病院等)への就職が比較的容易。下手な大卒より稼げる可能性も。
・一生勉強の為、勉強したい人には良い。
・嚥下障害等、今後の需要が見込める分野が専門。
・医療職の中では体力は使わない方。
・基本的に夜勤がない。
この職業・職種のここが悪い ・女社会。面倒な変わり者多く、独身率高め。逆に男性の既婚率は高い。
・あまり知られておらず、業務が理解されにくい。
・施設・病院によってはPTOTと待遇で差をつけるところも。
・リハビリの効果が上がり辛く、やりがいを感じにくいことも。エビデンスも曖昧な為、PTOTから眉唾でみられる。
・どの分野においても基本コミュが取れない患者ばかりなので、ストレスが貯まる。
・給与はあまり高くない。キチンとした就活プランやキャリアアップを練らないと薄給のまま。ブラック病院多し。
・一生勉強な為、勉強嫌いには向いてない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中18人
投稿者名 nanashinotokumei        投稿日時:2014/08/18 00:11:14
年齢・性別 29歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 病院勤務の場合、成人(お年寄りの)摂食嚥下リハ、口腔ケアが多い
成人、小児の言語リハ(失語症、構音障害、言語発達遅滞等)、成人の高次脳機能障害に対するリハ
退院・転院支援、サマリー作成

学会等に行き、自己研鑽も必要


この職業・職種のここが良い ・言語リハ、摂食嚥下リハビリが主 需要がある
・患者さんが良くなった時にはやりがいを感じる
・看護師さんと仲良くなれる(逆もあるけど)
・リハビリはエビデンスが確立されていない点が多く、PTとかに比べると、訓練を自分で考えて行うことができる
・病院や施設、教育機関など働ける分野は広い
この職業・職種のここが悪い ・給料が安い
・残業は病院によってピンキリ
・PT・OTに比べるとまだまだ認知度が低い
・失語症などでは訓練効果が上がらない事も多い
・患者さん、他スタッフとコミュニケーションがしっかりとれないとやっていけない
・先輩はお局的な人が多い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名 温泉マニア        投稿日時:2014/08/12 01:23:11
年齢・性別 36歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 仕事内容の詳細の項目の意味がわからない
この職業・職種のここが良い 1人1人の患者様を親身になって、精一杯支援していける素晴らしい職種である
この職業・職種のここが悪い 既知の概念にとらわれすぎること、気難しい気質の同業者が割合として多い。60過ぎた茨城の会長は早く引退すべき。若手に役割を奉還しなさい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:41人中16人
投稿者名 スペシャリスト        投稿日時:2014/01/01 14:16:53
年齢・性別 35歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 成人分野で勤務
失語症が一番多く、他院の言語リハビリに物足りなさを感じて、お見えになる方がほとんど
この職業・職種のここが良い 難しいことを並べる学者肌のセラピストは多いが、しっかりと、治療効果を出せるセラピストは少ないので、治せる方は、周囲から認められやすく、待遇的にも安定しやすい。また言語治療に関しては、医師の師事が要らないので独立して自由診療できる可能性あり。
この職業・職種のここが悪い 大半のSTが治療効果を出せず、待遇的にも年収400万円程度。
養成学校で教えている治療方法では誰も治せない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:36人中21人
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>

言語聴覚士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※言語聴覚士として現在仕事をしている方、もしくは過去に言語聴覚士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
言語聴覚士のここが良い
言語聴覚士のここが悪い
仕事内容の詳細
言語聴覚士に対するあなたの状況

言語聴覚士とは

言語聴覚士(げんごちょうかくし、英: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。 定義 言語聴覚士法(1997年制定)に基づき、言語聴覚士(げんごちょうかくし)とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいうと定義されている。 業務 言語聴覚士が対象とする主な障害は、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがある。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、言語聴覚士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。言語聴覚士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。