病院内で失語症、高次脳機能障害、嚥下障害患者さんの評価訓練、...(言語聴覚士の本音)

職業 言語聴覚士
投稿者名 ちりん        投稿日時:2012/10/03 09:59:49
年齢 30歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院内で失語症、高次脳機能障害、嚥下障害患者さんの評価訓練、家族指導、他職種に対しての研修会を開催。
この職業のここが良い 患者さんが良くなっていく様子を間近で見れ、他職種との連携において専門性を発揮できる。
この職業のここが悪い 嚥下訓練では窒息の危険性などリスクを伴う。
検査用紙、訓練ではプリントを多く使うため、整理整頓が大変。
最新の分野や専門知識などをずっと勉強し続けないといけない。
コミュニケーション障害や高次脳機能障害を抱える患者さんが多く、時にイライラしてしまう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:31人中22人

honne.bizでは、言語聴覚士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。言語聴覚士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。