【職種】救急救命士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

救急救命士の基本情報

仕事内容 救急車の中などで救命処置を行う
平均年齢※ 35.7歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
救急救命士に関連する資格 【資格】救急救命士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (46件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.3000 [2.3点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 2.3000 [2.3点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 3.8000 [3.8点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

救急救命士の仕事の本音一覧

全部で46件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名 ラテックスグローブ(使い捨て)        投稿日時:2016/11/17 21:12:50
年齢・性別 58歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急車で命を助ける仕事はほとんどない。
市民サービスだと割りきれないとやっていけない。
この職業・職種のここが良い 当直ならまとめて休みがとれます。
出動して病院まで搬送すると手当てが100円くらいもらえる。
極まれにまともな人から助かりましたとお礼を言われる。
これだけが辛うじてモチベーションを維持できる。

ここから下は悪いの続き
⑪もつ煮込み地獄
職場で夕食にもつ煮込みを作る。
大体多目に作るので、朝ごはん回ってくる。
朝のもつ煮込みは味がしみて絶品になっている。
朝も出動して帰ってくると、楽しみにしていたもつ煮を食べようとすると、、、、ない!
消防隊『救急隊帰って来ないから無理して食べました』と。
忙しい救急隊は死ぬしかない。

⑫患者の世話をどこまで地獄
救急車の現場滞在時間の延長………それは病院が決まらないからではない!

患者を病院に連れていくときに病院から要望されるもの(やらない小学生のようにおこられる)をすべて準備しなくてはならない。

大抵の患者はすぐに帰宅だ。
帰宅する時の足も救急隊が考えないといけない。
よく医師に『来てもいいですけど、どうやって帰るんですか?帰るすべがないなら連れてこないでください。』と言われる。

なので、履き物、お金、保険証、お薬手帳、迎えにきてくれる人を確保して、やっと病院に連絡できるのだ。
すると、患者や家族から、『いつまでたっても現場にいる』とクレームをいただく。
しかもそのクレームが幹部に行くと大変だ。
下へ続く

⑬クレーム地獄
我々はその患者さんの最善を考えて日夜努力している。
しかし、頭のおかしい人はクレームをいれてくる。クレームが入ると、すべて救急隊が悪くなる!
我々の意見など聞かずに、すぐに始末書や顛末書を書かさせる。
我々の意見を聞いてくれる幹部はいない。
(幹部は救急隊経験者がいないため)
『また救急隊か!』と怒られる。


⑭交通事故地獄
幹部『また救急隊か!!』
車をぶつけると鬼のように怒られる。救急隊ばっかりぶつけやがって。と。

しかし私が調べた救急隊一人の緊急走行は20年で4万キロ。
消防隊と救助隊は400km。
ここは、全く考慮されず、どんどん人事評価がさがり、下がらなかった消防隊は出世していく。
ちなみに幹部から重症で、手を離せない時でも、全員で降りて誘導しろときつく言われる。
でも我々は患者さんのためにそんな事はできない。
ぶつけたら、患者と一緒に死ぬだけである。

⑮責任地獄
救命士は、処置がどんどん増えていて責任もどんどん増えるが給料は全く増えない。
ちなみに1つの失敗がその人の人生を左右することから、1つ失敗すると二度と立ち直れなくなるまで、組織で叩かれる。
よく救命士を希望する人がいるなと不思議に思う。
ちなみに救急隊員と救命士の給料は1ヶ月で500円位しかかわらない。たまに同じときもある。
現場ではすべて救命士が観察、説遇、医師への電話、申し送りをしているが、ただ忙しいだけ。
なぜ差がないから言われると、過去に予算を削減するように市役所から言われて、減らされたのは救命士の手当てだけだからだ。

⑯ポイント地獄
研修を公的にすべて行えないから、自主で勉強してポイントをとりなさい!と強要される。
明け番すら寝れない。

⑰精神疾患地獄
精神疾患で暴れている人は法律上警察扱いだが、ほとんど救急車を呼ばれる。
暴れている人を収容してくれる病院は皆無だが、家族は早く運べとせがむ。
警察も救急隊でやってよという感じ。
結局、本人や家族に話をすること60~120分。なんとか不搬送で帰るが、24時間も体がもたない。

⑱家庭地獄
24時間働いてその後残業、30時間労働の日もあるが、帰宅すると妻が家の片付けを何もしていなく、明け番は妻と掃除をする。
もうすぐ死ぬと思う…

⑲緊急走行地獄
避けてくれない車どころか、歩行者は特に止まってくれない!
一度クラクションをならしたら、クレームがきた。
幹部から歩行者は救急車に道を譲る義務はないから、みんなが通り終わるのを待ちなさいと。
二度とクラクションは使わないように説教される。
そうなのかなぁ。ちなみに消防車ではこういう事はない。救急車はどこに行っても舐められっぱなしだ。

⑳束縛地獄
いついかなるときでも、出動が入る。
トイレ中、食事中、歯磨き中、うんこだらけになった後のシャワー中、仮眠中。

夜中の8時間は給料をもらえない仮眠時間である。どこにも出れないし、靴下をはいてベルトを巻いて仮眠する。
しかし、当直や束縛の手当てはない………

まだまだありますが、それは救命士になってからお楽しみ下さい
この職業・職種のここが悪い ①患者地獄
救急車の適正利用なんてほとんどない。
酔っぱらいか生活保護の相手がメイン。

②板挟み地獄
患者に気を使う。病院に気を使う。患者は言いたい放題、それを病院に伝えると救急隊員が怒られる。いつも板挟み。
質の悪い患者を連れていくと、会計が終わるまで付き添いする。
医師、看護師からは、あなたが連れてきたんでしょという感じで、ずっと付き添い、質の悪い患者の相手を延々する。
すると、何も事情をしらない署長や指令課から、病院でさぼっていると怒られる。

③不眠不休地獄
救急出動だけならまだしも、
活動する度に検証票と言うのを書く。
これも書くのが地獄。出動だけならまだしも、検証票をかいて、パソコンに報告書を入力して、休み時間などない。
8時30分に出勤して気付くと日付がかわっている。

④検証票地獄
医師に活動を検証される。とことんダメだしされる。
同じ職場の人間から摘発される。


⑤報告書地獄
幹部の意地悪で決裁がもらえない。
こうしろというから、こうすると、次の日はこうしろと昨日と違うことを言われる。
延々報告書をさかのぼって、手直しをするが、直し終わった矢先に幹部の気持ちがまたかわる。

⑥喜劇訓練地獄
訓練をするが、くだらない。
ショートコントの方がまだおもしろい。
決められたセリフ、決められた行動をみんなで練習する。
結果として、現場に役立たない。
そして訓練検閲した幹部に『何をやっているのかわからない。』とありがたい好評をうける。

⑦カースト制度地獄
役所での序列
1市役所
2清掃業
3消防
更に内訳
皇室…日勤
貴族…救助隊
平民…消防隊
奴隷…救急隊(休憩隊とも言われる)

⑧一生現場地獄
消防隊はどんどん出世していく。
救急隊は定年まで現場。
ある保険屋さんの調査では救急隊員の寿命は60代。私はあと10年も生きない。
ちなみに
隊長60歳
隊員58歳
運転手50歳のときもある。


⑨消防大学校地獄
ここに行くと出世できる。
科目は、警防、予防、救助など多数あるが、救急は1つしかない。しかも最近救急科すらなくなった。
死ぬしかない。

⑩消耗品地獄
救急には予算が付かない。救助などには高級な一生使わない機材がポンポン入るが、救急隊は
1感染防止着……なくなった裸でいけ(幹部)
2サージカルマスク…1当直に1枚までの使用が許される。出動が10件を越えると毛羽立ってきて苦しい。もはやどちらが裏か表かわからない。
3ラテックスグローブ
使い捨てではなく、破けるまで何度も使う。
汗をかくので、裏返しにして干して、乾いてからまた元に裏返す。何度も使うと色が変色してくるが、慣れてくると味が出てる気がしてくる。
ベテランになると交代の時に申し送ってくる。
『まだ3回しか使ってないから、使ってよと。』
4
心電図電極
測定するとお金がかかるので、特に使わない。
心電図をはるときは、清水の舞台から飛び降りる気持ちで使う。(今月はあと残り何人分かぁ。)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 腰椎ヘル二アン        投稿日時:2016/08/21 11:29:30
年齢・性別 39歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急業務全般
出動、観察、処置、搬送
資器材管理、救命講習関係等
この職業・職種のここが良い 患者又は家族から感謝の意を述べられた時
後日わざわざ署まで足を運ばれ、お礼を言われた時など。

社会的弱者(特に幼児、小児)の救命に寄与出来た時。
この職業・職種のここが悪い 消防業務の中で一番忙しいのは救急です。
恐らくどの消防本部でも同じ。
しかし消防署の体制として、やはり救急の位置は需要の割には何故か高くない。

救急活動及び搬送において、機器損傷、患者の容態急変等で、まるで故意でやったかのように重箱の隅をつついてくるし、それに対する事務処理とその時間が半端ない。

活動において疲弊していく中で、あまりにも下らない業務を付加されてくる時は頭にきます。

私の消防本部では救急救命士の地位はほぼ他の職員とかわらず、2000時間以上学んできたコメディカルとしての医療職扱いはまずあり得ない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 うーん        投稿日時:2016/08/11 04:07:37
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救命処置 病院への搬送

安定感はあるが将来性はない
この職業・職種のここが良い かっこいい
達成感
モテる?
安定感
この職業・職種のここが悪い 仕事内容に対して給与が低い
肌が焼け見える肉
爺婆が漏らしたものの臭いが立ち込める車内
酔っ払い ● DQN
まだまだありますがこれくらいで
私は子供の頃からの憧れで救急救命士になりましたが
今考えると人生最大の大失敗です まだ若いですがw
子供のころだから医者より救急救命士の方がかっこよく見えたんでしょうね
本当に人助けがしたいのなら 医者や看護師になりましょう そしたら救急車にも ドクターヘリにも乗れてもっとかっこいいですしね はっはは

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中8人
投稿者名 寝不足32        投稿日時:2016/08/08 01:52:01
年齢・性別 32歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救命士ですが兼務のため火災出動もします。
この職業・職種のここが良い 傷病者が感謝の気持ちを伝えてくれた時

この職業・職種のここが悪い もどかしい。救命士は中途半端な資格。所詮は消防職員に医療の毛が生えた資格。
自己研鑽のため、休みには研修や講習会に出ますがどこまで勉強しても資格のレベルは救命士。自分は医者と勘違いしてる救命士もいるから面倒くさい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
投稿者名 隊長        投稿日時:2016/06/14 23:29:43
年齢・性別 38歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 夜中の老人介護施設、○○荘というアパート、繁華街の酔っ払い、交通事故で頸部痛や擦り傷のある方、河川敷の住民、身寄りのない生活保護受給者を住ませて金を取っている下宿所等に主に出場し、別の隊が真に救急搬送を必要とする人を扱ってるかもしれないので、一つの病院に搬送が集中しないよう自分の扱ってる傷病者を適切な病院へ振り分けること。
この職業・職種のここが良い 最近、良いところが見当たらない。
この職業・職種のここが悪い 人格形成が未完成である医師に、大事に大事にお連れした患者様を引き継ぐことが多いこと。
非番日の昼頃まで残らないと仕事が終わらないこと。
不衛生なこと。緊急走行なのに赤信号で一時停止しなきゃならないこと。頭のおかしい人から活動に関する苦情の電話でも入ると、署内で吊し上げられ、報告書作成タイムに突入すること。現場に忘れ物は一切許されず、忘れれば、一ヶ月は晒し者、報告書作成。救急隊が接触後にCPAになると、落ち度を探られまくり、報告書作成。出場現場を絶対に間違えられないこと、まれに間違えてしまった時に、たまたまCPAだったりしたら報道対応。署内に経理係があるのにボールペンや消しゴムの買い入れれ事務もやってる。救命に必要な資器材が不足しており、申請書提出してもちょっとしか渡されない。何度となく使用する資器材が壊れちゃったら機器損傷だ!報告書作れ、原因と、今後の再発防止策を立てろ、と言われてんてこ舞いになる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:31人中27人
投稿者名 ガンちゃん        投稿日時:2016/03/31 01:09:34
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 怪我や病気の人を病院まで運ぶ。
この職業・職種のここが良い 心肺停止の人を社会復帰させられたら、やりがいがある。※ハッキリ言って、病院外で一度止まった心臓から、社会復帰まで、復活する事はまず無い、倒れた方の運と、あくなき生への執着心と最近感じる。
この職業・職種のここが悪い 研修、講習など奉仕活動がやたらと多い。あくまでも、奉仕活動です。あと、就職した先によると思いますが、時間外手当が正当な出動に対するものであっても、削られる又は出ない事もあるので、これから各消防本部・局に入ろうと目指す方は、要チェックです。あと、人を助けたいと本気で考えている人は、もうちょっと勉強して、医師か看護師になりなさい、確実に人助けが出来ます、てかっ老人ホームや生活保護受給者、精神疾患の方々のお守りをしていると、人助けと言う言葉を忘れていきます、正直どうでも良いです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:34人中28人
投稿者名 たっつん        投稿日時:2016/03/20 18:08:20
年齢・性別 50歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
救急救命士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 消防内の出世と引き換えに人命を助ける仕事。
この職業・職種のここが良い まれに市民に感謝の言葉がいただける。
この職業・職種のここが悪い 仕事をすればするほど、上司から不当なバッシングを受ける場合がある。
数年おきにこのまま救急の仕事にかかわっていたら出世できないぞ、となぜか脅される。
しかし、そう言う上司にかぎって出世街道から外れているので、あまり心配する必要はないかもしれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中12人
投稿者名 たこやき        投稿日時:2015/12/15 15:57:53
年齢・性別 23歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 運ぶ
この職業・職種のここが良い かっこいい
この職業・職種のここが悪い 給料ひくい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中4人
投稿者名 野救命士        投稿日時:2015/12/06 12:24:48
年齢・性別 45歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急車へ乗務し、救急救命処置しつつ適切な医療機関に搬送。
この職業・職種のここが良い 判断どおりに搬送して、適切だった場合。
この職業・職種のここが悪い 救急のシステム不備を含め、責任はすべて押しつけられる。仕事に見合う報酬は貰えないため、士気を保つのが難しい。社会の底辺でさ迷う人々と日々接していくと、こちらも「人情」など吹き飛び、どうでもよくなる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中17人
投稿者名 4年目        投稿日時:2015/10/26 02:44:07
年齢・性別 31歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救命処置

医療機関への搬送

医師搬送(医師や看護師を緊急走行で運ぶ)



…と書いてみたものの、実際に死に際をさまよっている人に救命処置を施す事案は10件に1件もない。それよりも、接遇(人と接すること)のほうが仕事の本質なような気がします。

どんな相手(精神疾患、酔っ払い、外国人、チンピラ、生活破綻者etc)相手でも物怖じしない人、むしろ友達になれるような人に真の適正があるでしょう。
この職業・職種のここが良い ・患者さんからのありがとうの声

(どんな屑のような奴を扱って病みかけてもその一言で救われる)



・他の職員より給料が高い

(ただし実態は超過勤務手当てです。その分ちゃんと長い時間働いた結果です)
この職業・職種のここが悪い ・消防職員になれなければ取得する意味がない。

(予備校や大学はいろいろ言うでしょうが、現場の人間として言わせて貰うと、消防に入らなければ実用性は「皆無」です。病院にいる救命士はほとんどの場合救命士として雇われているわけではなく看護助手ですので勘違いなさらないように!)



・現場では既に飽和状態になっている消防本部もある。

(その場合、ポストの空きがでるまでポンプ隊員など別の仕事をやらなければいけません)



・超過酷な長時間労働、深夜労働

(公務員は楽とか言われたら鼻で笑ってやりましょう。1当番でいいから救急に乗ってみろといいたい)



・勉強しても、最後は勘

(救急車には血液検査もレントゲンもMRIもありませんので最後の最後は勘に頼らざるを得ないことも多いです。それでハズれていたらドクターにはボロクソに言われるわけですが)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中21人
1  2  3  4  5     次へ>>

救急救命士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※救急救命士として現在仕事をしている方、もしくは過去に救急救命士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
救急救命士のここが良い
救急救命士のここが悪い
仕事内容の詳細
救急救命士に対するあなたの状況

救急救命士とは

救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし、米:Emergency Medical Technician、英:Emergency Medical Technician Paramedic)は、病院への搬送途上に限り傷病者に対し救急車等にて救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格の名称。 日本の法律上でのアルファベット表記は「Emergency Life-saving Technician」。英語の一般的な呼称は“Paramedic”(パラメディック)である。 本項では、特記がない限り、日本の救急救命士制度について述べる。 救急救命士の定義 救急救命士法第2条にて「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、救急救命処置を行うことを業とする者」と記されている。 全国の自治体消防本部の救急隊の救急車に、常時最低1名乗車させることを目標とされている。救急救命士が活動する為の構造になっている救急車を高規格救急車という。 救急救命士の役割 救急救命士は、救急車等に乗車して現場に向かい、傷病者に観察・処置を施しながら医療機関まで搬送する、プレホスピタルケア(病院前救護)を担う。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、救急救命士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急救命士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。