【職種】救急救命士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

救急救命士の基本情報

仕事内容 救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト
平均年齢※ 35.6歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
救急救命士に関連する資格 【資格】救急救命士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (75件) 2.5000 [2.5点]
給料 2.1000 [2.1点]
やりがい 3.1000 [3.1点]
労働時間の短さ 1.9000 [1.9点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 3.4000 [3.4点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

救急救命士の仕事の本音一覧

全部で75件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 3年目の救命士        投稿日時:2018/02/17 22:54:17
年齢・性別 25歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 患者収容のために医者と看護師のご機嫌とり。
病院からはお医者さんごっこと言われる。
救命士1人の救急隊はきつい。体力的というより精神的に。
救命士3名で救急隊をつくれれば多少はマシ。
現場が夢に出てくる
ストレスしかないが、手当なし。
この職業・職種のここが良い 良いところ?
一切、感じたことはない。
この職業・職種のここが悪い 国家資格なのに、資格を持ってない同期と給料は変わらない。それなのに責任は倍以上。
専門学校行って資格取得したが、取得したメリットをあまり感じない。
今、思えばお金と時間の無駄だったと思う。
現場で何かあれば分隊長よりも階級も勤務年数の救命士の責任。
人生もう一度やり直せるなら、二度と救命士にはならない。
やってらんねぇ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 現役        投稿日時:2018/02/17 22:54:06
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ここのサイトに書かれている通りです。
オーバー過ぎとかなしに、ホントこんな感じです。

救急業務から解放されたい…
この職業・職種のここが良い なし。
この職業・職種のここが悪い 分隊長より階級も勤務年数も下であっても救命士というだけで全て救命士の責任。
MCのやりたい放題。
給料とリスクが見合ってない。

救急をどうにかしないと、これからの救急の将来は暗い。
例えば自分の息子が将来、救命士になりたいと言ったら全力で止めるレベル。
救命士やめたいホント。いらない資格。
出来もしない転職の夢をみる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 現役        投稿日時:2018/02/17 22:53:41
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ここのサイトに書かれている通りです。
オーバー過ぎとかなしに、ホントこんな感じです。

救急業務から解放されたい…
この職業・職種のここが良い なし。
この職業・職種のここが悪い 分隊長より階級も勤務年数も下であっても救命士というだけで全て救命士の責任。
MCのやりたい放題。
給料とリスクが見合ってない。

救急をどうにかしないと、これからの救急の将来は暗い。
例えば自分の息子が将来、救命士になりたいと言ったら全力で止めるレベル。
救命士やめたいホント。いらない資格。
出来もしない転職の夢をみる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 現役        投稿日時:2018/02/17 22:53:29
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ここのサイトに書かれている通りです。
オーバー過ぎとかなしに、ホントこんな感じです。

救急業務から解放されたい…
この職業・職種のここが良い なし。
この職業・職種のここが悪い 分隊長より階級も勤務年数も下であっても救命士というだけで全て救命士の責任。
MCのやりたい放題。
給料とリスクが見合ってない。

救急をどうにかしないと、これからの救急の将来は暗い。
例えば自分の息子が将来、救命士になりたいと言ったら全力で止めるレベル。
救命士やめたいホント。いらない資格。
出来もしない転職の夢をみる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 3年目の救命士        投稿日時:2018/02/17 22:45:09
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 患者収容のために医者と看護師のご機嫌とり。
病院からはお医者さんごっこと言われる。
救命士1人の救急隊はきつい。体力的というより精神的に。
救命士3名で救急隊をつくれれば多少はマシ。
現場が夢に出てくる
ストレスしかないが、手当なし。
この職業・職種のここが良い 良いところ?
一切、感じたことはない。
この職業・職種のここが悪い 国家資格なのに、資格を持ってない同期と給料は変わらない。それなのに責任は倍以上。
専門学校行って資格取得したが、取得したメリットをあまり感じない。
今、思えばお金と時間の無駄だったと思う。
現場で何かあれば分隊長よりも階級も勤務年数の救命士の責任。
人生もう一度やり直せるなら、二度と救命士にはならない。
やってらんねぇ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 発炎筒(煙にまかれる)        投稿日時:2018/01/31 20:11:11
年齢・性別 51歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院の下部組織で、能力のない医者や看護師から「コマ遣い」が主な業務。
あまりの非難的言葉や態度で救急隊員が命に関わる重症外傷患者であるが、中途半端な医療関係者であることを理由にトリア~ジでは、当初から緑または黒の分類化が標準化されている。
 心身ともに疲れ果てて、あたたかい会社に戻ると、上司からは、バイ菌と呼ばれることもある。
 休みには年中無給の仕事や研修により、また足かせをつけられ当直をする。
 事後検証とは名ばかりで地獄検証により、徹底した、洗い出しにより、さらに救命士は叩きのめされる。
 病院や上司の強烈な圧力の影響で、できもしない転職の夢にうなされる毎日。
 今はただ、出世はいらないから救急という響きから解放されたい。
この職業・職種のここが良い 一部の市民の方々から感謝される。ほかのメリットなし。
この職業・職種のここが悪い きりがないので一部を、
勉強だけができる社会常識の全くない医者のご機嫌伺いと、ゴマすり看護師の顔色伺い(優秀な医者と看護師は除く)
上司からのパワハラ
人間性はすべて拒否
過労死や精神状態の崩壊危険
中途半端な資格でこれからも全く未来はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 たぬきぬ        投稿日時:2018/01/21 19:05:47
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 責任重大な人の命預かった仕事
この職業・職種のここが良い 命に関わる仕事
この職業・職種のここが悪い この掲示板に書かれてる内容が、嘘かもしれないとか、
一部の人間が感じていることだと思ったら大間違い。
全て事実。このままだと間違いなく救急は崩壊する。
早急に有料化なり法改正しない限り、未来は無い。
絶対に無い。何度も言うけどこれが今の日本の救急の実情。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 寿命が短い        投稿日時:2018/01/15 03:36:49
年齢・性別 31歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 必要のない利用者【8割】を運ぶだけ
勘違い医師、看護師の機嫌とり


この職業・職種のここが良い 問題を起こしても
クビにならないやつがほとんど
この職業・職種のここが悪い 勘違いしてる医師、看護師がほとんど。そもそも会社が違うのに、救急隊を奴らは自分達の【部下】奴隷だと勘違いしている。
病院には世の中知らない奴しかいない。一般会社に行けば全員即クビ。
病院が患者取らなくても【たらい回し】救急隊は痛くも痒くも無い。患者が困るだけ。

医療と言える処置なんてない恥ずかしい。
しょせん運び屋は変わらない。
勘違い救命士のお世話。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 にこちゃん        投稿日時:2017/09/19 05:37:48
年齢・性別 53歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急=出動、事務、訓練etc.
予防=査察、事務、広報etc.
庶務=雑務、事務、研修etc.
警防=出動、事務、訓練etc.

所謂役所的な事務の合間に出動するだけです
この職業・職種のここが良い 休みが多い
この職業・職種のここが悪い メディカルコントロールと称して、エビデンスもないプロトコルで縛り、検証される。
パワハラの温床になっているだけで、全く意味は無い。
MC医師のやりたい放題。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中22人
投稿者名 入間救急        投稿日時:2017/09/10 01:49:45
年齢・性別 40歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
救急救命士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 入間救急は、まぢ糞です。病院についてまで、収容して、本当最低入間救急。嘘つかないと収容出来ない糞職員救急隊。どこの病院からも、1番嫌われてる。
この職業・職種のここが良い 嘘つきの集団職員収容を無理やり病院にさせて、逃げるところ
この職業・職種のここが悪い 何もしても、どこかの病院に収容させる為に、嘘をつく。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中5人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

救急救命士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※救急救命士として現在仕事をしている方、もしくは過去に救急救命士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
救急救命士のここが良い
救急救命士のここが悪い
仕事内容の詳細
救急救命士に対するあなたの状況

救急救命士とは

救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし、米:Emergency Medical Technician、英:Emergency Medical Technician Paramedic)は、病院への搬送途上に限り傷病者に対し救急車等にて救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格の名称。 日本の法律上でのアルファベット表記は「Emergency Life-saving Technician」。英語の一般的な呼称は“Paramedic”(パラメディック)である。 本項では、特記がない限り、日本の救急救命士制度について述べる。 救急救命士の定義 救急救命士法第2条にて「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、救急救命処置を行うことを業とする者」と記されている。 全国の自治体消防本部の救急隊の救急車に、常時最低1名乗車させることを目標とされている。救急救命士が活動する為の構造になっている救急車を高規格救急車という。 救急救命士の役割 救急救命士は、救急車等に乗車して現場に向かい、傷病者に観察・処置を施しながら医療機関まで搬送する、プレホスピタルケア(病院前救護)を担う。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、救急救命士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急救命士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。