よく誤解されるが、救急救命士というのは消防職員がただ単に「救...(救急救命士の本音)

職業 救急救命士
投稿者名 田舎の消防士        投稿日時:2010/12/19 10:06:01
年齢 29歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 よく誤解されるが、救急救命士というのは消防職員がただ単に「救急救命士」という資格を持っているだけであって、独立して救急救命士という職業があるわけではない。救急車に乗っている人全てが救急救命士というわけではない(最低1人、救急救命士が乗っている程度)。逆を言えば救急車ばっかり乗ってない。オレンジ服着て救助(世間でいうレスキュー)のお仕事や防火服着て火消しのお仕事なんかもする。火災調査の資料作成なんかもする。少なくとも私の所属する田舎本部はこんな感じ
この職業のここが良い ①,搬送した人が元気になったと聞いた時の喜び。
②,住民から信頼されている。感謝される。
③,普通の救急隊員(業界では標準課程やⅡ課程と呼ぶ)より医学的知識はあるから現場で仕切れる。
④,とにかく休みが多い。勤務は24時間勤務が月平均10回、逆を言えば月に20日間は休み。田舎だから夜間の出動もそんなになくぐっすり眠れるから、勤務開けは趣味に没頭できる。(ゴルフとか平日の安いときに行ける)
⑤,仕事中に走ったり筋トレで身体を鍛えられる。
⑥,出動(災害)がなければ事務所でくつろげる。
この職業のここが悪い ①,理解のない医者にとにかく汚く偉そうに言われる。
②,手当が普通の救急隊員と一緒(救命士手当が支給されている本部はあるが)
③,悪いというかやっぱり鍛えてないとしんどい。だから定年前のジイチャン隊員はよくやっていると思う。
④,ショックな光景をよく見る(死体とか血だらけの人)。
⑤,公務員は安定しているというがそれは昔の話。リストラはないにせよ最近将来が不安になってくるときがある。ここ数年、年収が横ばい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:28人中25人

honne.bizでは、救急救命士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急救命士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。