病院の下部組織で、能力のない医者や看護師から「コマ遣い」が主...(救急救命士の本音)

職業 救急救命士
投稿者名 発炎筒(煙にまかれる)        投稿日時:2018/01/31 20:11:11
年齢 51歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院の下部組織で、能力のない医者や看護師から「コマ遣い」が主な業務。
あまりの非難的言葉や態度で救急隊員が命に関わる重症外傷患者であるが、中途半端な医療関係者であることを理由にトリア~ジでは、当初から緑または黒の分類化が標準化されている。
 心身ともに疲れ果てて、あたたかい会社に戻ると、上司からは、バイ菌と呼ばれることもある。
 休みには年中無給の仕事や研修により、また足かせをつけられ当直をする。
 事後検証とは名ばかりで地獄検証により、徹底した、洗い出しにより、さらに救命士は叩きのめされる。
 病院や上司の強烈な圧力の影響で、できもしない転職の夢にうなされる毎日。
 今はただ、出世はいらないから救急という響きから解放されたい。
この職業のここが良い 一部の市民の方々から感謝される。ほかのメリットなし。
この職業のここが悪い きりがないので一部を、
勉強だけができる社会常識の全くない医者のご機嫌伺いと、ゴマすり看護師の顔色伺い(優秀な医者と看護師は除く)
上司からのパワハラ
人間性はすべて拒否
過労死や精神状態の崩壊危険
中途半端な資格でこれからも全く未来はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人

honne.bizでは、救急救命士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急救命士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。