救急業務。現場に出向き、患者観察を行い病院を選定しDr...(救急救命士の本音)

職業 救急救命士
投稿者名 HIR        投稿日時:2009/08/11 15:34:11
年齢 31歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
救急救命士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急業務。
現場に出向き、患者観察を行い病院を選定しDrに連絡。
応急処置や救命処置を行い搬送する。
事務処理。
報告書の作成。救命処置録の作成。
救急統計の作成。
この職業のここが良い ○救命できたときや、適切な病院へ早く搬送して病気が治ったとき。
○将来、子供たちがなりたい職業にランキングされているところ。
この職業のここが悪い 社会的地位が低い(看護師に見下される)。
給料が仕事に対し全然見合ってない(同じ医療職なのに看護師よりはるかに給料が安い)。
団塊世代で救命士を持っていない、救急隊長と組んだら最悪。分らんの一言で何も仕事をしない。
将来性が有るのか無いのか分からない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中40人

honne.bizでは、救急救命士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急救命士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。