【職種】海上保安官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

海上保安官の基本情報

仕事内容 海の安全維持から、事故対応、救助作業まで。
平均年齢※ 33.4歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (69件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.4000 [3.4点]

その他の

海上保安官の仕事の本音一覧

全部で69件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7     次へ>>
投稿者名 港長(笑)        投稿日時:2018/11/15 22:18:38
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 陸上 港や灯台に関すること
この職業・職種のここが良い 特にない
この職業・職種のここが悪い 昭和的思考のパワハラ上司が大多数を占めている。
そのため、並大抵の精神力ではやっていけない。
パワハラで人を潰してもお咎めなし、それどころか潰れた方が悪いと言われる。
他にもたくさんあるが、悪いところを挙げていったらきりがない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 海保万歳        投稿日時:2018/08/22 12:30:47
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他者に同じ
この職業・職種のここが良い 合う人には合う
この職業・職種のここが悪い 陸上勤務の給料が安すぎます。
超過勤務手当20時間が毎月配当されているが、実質80時間は働いています。また、休日にも出勤しなければ仕事をさばききれない係もあり、大変です。
残業については仕事があるから残業しなければならない。勘違いして、やるべき仕事があるのに、残業をなくそう、なんて流行りの言葉で帰る後輩が多い。その仕事は陸上の係がする。
正当な勤務時間に基づく給料を払ってくれれば、文句はありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 山名正弘        投稿日時:2018/07/29 19:25:02
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 船艇と陸上
この職業・職種のここが良い 収入は良かったよね。船によっては外国にも行けるよ。
この職業・職種のここが悪い やっぱり人間関係。船艇勤務だと辛いよね。ストレスが溜まるよ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 あい        投稿日時:2018/07/17 00:47:08
年齢・性別 18歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細
この職業・職種のここが良い
この職業・職種のここが悪い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中1人
投稿者名 @        投稿日時:2018/07/07 02:11:28
年齢・性別 23歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海の何でも屋さん
この職業・職種のここが良い 給料が良い。
安定している。

保安学校で一生の仲間に出逢える。同期は大事。
この職業・職種のここが悪い 学校では1年間で船舶関係から刑法その他最低限のことを短時間で叩き込むので殆ど身にならない。

ボットム精神を叩き込まれる。それに対して何の疑いも持たない。
やって当たり前、これに関しては後々プラスになったかな…努力するのが当たり前の環境にいたお陰で次の職場では出来る人と褒められた。新人としての苦労を全く苦労と思わなかった。

船に強い人は良いが乗り物酔いが酷かったので出航すると食事はおろか水すら飲めなかった。正確には飲んでも全て戻してしまう。それでも船からは逃れられない…

立検や救難、警備等幅広くやろうとしているので結局中途半端になってしまう。訓練はするものの果たして実践で使えるのか疑問。

船によって殆ど業務は決まっていて、何をやりたい!と志して入庁しても結局は人事次第。

殆どの人が惰性で仕事をしている。辞めるに辞めれず続けている感じ、申し訳ないけど志を持って仕事をしている人は数えるほどしかいない。
早々に進路変更を決断して本当に良かったと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中20人
投稿者名 結果で判断        投稿日時:2018/05/05 15:05:19
年齢・性別 45歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 内容は他者に同じ
この職業・職種のここが良い 確かに、つぶれへん所かな。ただし、保安官辞めて5回会社、職業変わったけど、つぶれたところはないなー。
この職業・職種のここが悪い ウーン長くなるけど、保安官辞めて、どの会社行っても、努力家ですねー、と言われる。普通にしてるつもりでも、会社からは、努力家と言われる。
保安庁は、かなりの努力が当たり前になっている。のではないかなー。
また、うまく立ち回らなければ、退職する時に、やっと太2(2正)にしてくれて、人生なんだっただろう!があるかもしれないし、自分の先がわかって、40代になって保安庁辞めて、露頭に迷う人もいる。18才で憧れで保安学校入って、現実に耐えて、上司との反りが合わない、『飼い殺し』→辞めろと言われないが、鶏のブロイラーの様に、ただ生きているだけの生活。は厳しい。万年ヒラで、保安庁だけしか知らない人間は可哀そうだと思う。
私の場合、3年間保安庁で勤めて、辞めて自分の金で大学に行って、民間企業に勤めて、起業するに至るが、保安庁、保安官時代の、やっても誰も喜ばない、結構しんどい努力に比べれば、評価される民間の方が楽に生きれた。

保大は、勤めているだけでかなりの幹部までいくが、保安学校は、特修科にいかなければ、幹部はおろか、太一(3正)で終わる場合もある。

実際、上司とうまくやれるか、が実力なんだと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中11人
投稿者名 海保大嫌い        投稿日時:2018/04/15 16:42:16
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 海の何でも屋
この職業・職種のここが良い 本当にない。
この職業・職種のここが悪い 全てが中途半端。
意味のない仕事しかない。

警察、消防の格下。

どのような現場でも行くまでに相当な時間がかかる。
船の構造、人員不足、緊走できないので、仕方がないが、関係機関、一般の人には通用しない。
現場で不憫な思いしかしない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中8人
投稿者名 ほあんかん        投稿日時:2018/04/09 19:42:58
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海の警察官
この職業・職種のここが良い 安定しているところ
この職業・職種のここが悪い 残業オンパレード
上司が…
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中8人
投稿者名 海保マン        投稿日時:2017/12/29 21:10:31
年齢・性別 48歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 他者に同じ
この職業・職種のここが良い 海の近くで育った気の強い人はいいと思う。
公務員というところ。
この職業・職種のここが悪い この間、海上保安友の会に入っているので、職員録を買ってみた、20年前に海保を辞めたんですが、同期の真面目だけが取り柄の主計士補が、ふといち→三等海上保安正にやっとなっていた→保安学校を20歳で出て、40手前でふといち(太い線1本)だった。あまりの仕打ちに絶句してしまった。やはり、上へのへつらいがないとダメだなー、と思った。
20年働いて、やっと士官とは、長い限りである。
時間が止まった職場であり、船はけっこうしんどい職場なのに・・・・・、私の場合は3年間保安庁で働いて、辞めて大学に行きなおして、一般企業に就職して、保安庁は、しんどかった思い出となっている。
また、40歳前後で辞めた同期は、かなり大変だろうと思う、10年以上保安庁で勤めて、途中で辞めた場合、再就職も海関係、船関係が多くなると思う。世間がやっぱり特殊な目で見るから・・・・
この前アメリカに行ったとき、知り合いの企業経営者が、海兵隊出身だったのには驚いた。アメリカでは、若い間、コーストガード、海兵隊に行って、数年後、大学、企業に行く場合は当たり前だそうだ、また海兵隊に戻ることも案外簡単とのこと、彼が見せてくれた、海兵隊の求人に、パートタイムマリーンズ→パート海兵隊、と出ていた。
因みに、彼はマリーンズで総務課で中尉が階級であり、民間企業の職歴が使えるそうである。
スキルアップの為のマリーンズなのである。日本の海保は、我慢した人間、上へのへつらいうまさ、が重要視される。一生を海保に捧げて、きれいな景色を見て、階級は太二(2正)止まり、船の鞆の人から慕われ、世間知らずで、退職する。

さて、それがいいかどうか?

考えどころ・・・・・

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:31人中15人
投稿者名 海保太郎        投稿日時:2017/12/18 07:27:37
年齢・性別 23歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海に関わる警備救難等
それを支える仕事全般
この職業・職種のここが良い 世間体が良い。
安定した給与を貰うことが出来る。
様々な事を経験し、人として成長する。
団体での生活を通し、人との関わりかたを学ぶことができる。
船から見る海は美しい。
この職業・職種のここが悪い 考え方が凝り固まった上司が多い。
女の職員がセクハラを受ける様子をよく見かけ、心が痛む。
頭の悪い人、他人の気持ちを考えられない人が多い。
酒、女、ギャンブル好きな人が多く、またそれを男らしさと勘違いしている、程度の低い奴と仕事をしなければならない。
そもそも神経の図太い人でなければ務まらない仕事であり、普通の神経をした人は退職するので、必然的に鈍く共感力の欠けた人間により組織がかたちづくられる。
ゆえに、上司がクズだったとしても、それは必然の結果である。
悪口、陰口にまみれた組織。
こういった暗い雰囲気に当てられ、心を壊す若い職員が多く、同時に組織の行く末も暗い。
警備がやりたいのであれば警察、救難がやりたいのであれば消防に行くべき。
様々な種類の仕事をするので、何かを極めることはできない、お役所仕事。
急激に人員を増やしているので、教育が行き届いていない。
有能な部下が無能な上司の尻拭いをする。
船酔い地獄。
クラスのガキ大将ポジションの人間がこの仕事をすれば丁度良いのではと感じる。
海猿はフィクション。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:57人中47人
1  2  3  4  5  6  7     次へ>>

海上保安官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※海上保安官として現在仕事をしている方、もしくは過去に海上保安官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
海上保安官のここが良い
海上保安官のここが悪い
仕事内容の詳細
海上保安官に対するあなたの状況

海上保安官とは

海上保安官(かいじょうほあんかん、Japan Coast Guard Officer/Sub-Officer)とは、海上保安庁の職員のうち、刑事訴訟法上の特別司法警察職員に指定されている者。主な職務は、海上(主として日本国の排他的経済水域内)における治安維持・法令の執行、捜索救難、海洋汚染の防止、海上交通の安全確保等とされ、海上保安庁法では法執行の職員として「海上保安官」と「海上保安官補」が指定されている。 海賊行為や海賊放送を行う船舶については日本国の領海のみならず公海上でも拿捕することができ、その結果として、容疑者を逮捕したり関連資産を押収することができるなど、警察官には許されていない権限が与えられているといったことから、海上保安庁は一般の警察よりも軍事的色彩が強く、国際的には「国境警備隊」や「沿岸警備隊」と同様の準軍事組織とみなされている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、海上保安官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。海上保安官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。