【職種】海上保安官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

海上保安官の基本情報

仕事内容 海の安全維持から、事故対応、救助作業まで。
平均年齢※ 33.8歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (63件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 2.8000 [2.8点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の

海上保安官の仕事の本音一覧

全部で63件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7     次へ>>
投稿者名 uminos        投稿日時:2017/07/05 12:54:09
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海における取り締まり、捜索、救助
船の仕事、操船、保守、その他雑務
この職業・職種のここが良い まずは国の機関なので潰れたりしないところ
船に乗れる、大きい船乗ってれば給料そこそこ貰える
福利厚生
ポストにもよると思うが、年休は結構取れてました
救助できたときや、ご遺体発見できたときは感謝される
巡視船の一般公開などでは一般の方に喜んで貰える
いい先輩上司がたくさんいたように思う
この職業・職種のここが悪い 仕事量とお給料が見合ってなかったりします
陸上勤務は仕事量多いのにほんとに薄給です
船の勤務も夜中出港しないといけなかったり、
怪我や事故を起こすリスクを抱えていますが。
繁忙部署の小さい船は本当に大変そうです

長期の休みもらうときは先輩上司に気を使います
船を動かすため人員を残しておかないといけないので
先輩や上司の後に希望出してました(笑)

118番がまだマイナーで、部署も少ないので、消防警察が
だいたい現場に先着しており、すでに事は終わって
出る幕がなく調査だけ、なんてことが多々ある

このページは仕事に満足できてなかったり、辞めて
しまった人が結構書いてるのでどうしても評価が
低めにはなるのでしょうが、どんな仕事にも
嫌なことや癖のあるところがあって、それでも
みんな我慢して家族等(プライベート)のために
頑張っているのだと思います
私は辞めてからそれに気づきました
海保は世の中に必要な仕事ですし、感謝されたり
やりがいを感じる瞬間だってあります
嫌なことがあって辞めたいと考えている人は、
特に他にやりたいことがないのなら、海保にもいろんな
ポストがあるので、もう少し我慢して続けてみても
いいと思います(仕方ない場合もあるとは思いますが)

海猿で潜水士に憧れて海保を目指すのも全然いいと
思いますが、レスキューのイメージで入ると最初は
なかなかのギャップを感じるかと思います
取り締まり等の警備の仕事が多いです
また、潜水士になるつもりで入る人は、仮に潜水士に
なれなかった場合のことを考えておかないと、後々
辛くなるかもしれません。競争率が高く、体力検定で
落ち続け、結局なれないなんてこともあります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中27人
投稿者名 夢なし        投稿日時:2017/04/15 21:46:52
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 取り締まり
救難等
この職業・職種のここが良い 病気になっても雇ってもらえる
この職業・職種のここが悪い 飲み会で拳が飛ぶこともある(時代遅れ)でも我慢するしかない
頑張るとご褒美で忙しくて給料が安いところに飛ばされます(できない人に忙しいポジションは勤まらないため
頑張っても給料に反映されない
人事評価システムまだ時代遅れなことをしてる
取り締まりは捕まえやすい人優先で捕まえる(検挙件数制度)
取り締まりメインなので文句を言われることはあっても感謝されることは少ない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中17人
投稿者名 海女        投稿日時:2017/03/21 10:21:30
年齢・性別 36歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海の何でも屋。密漁を探し回るとか、ゴミを集めにいくとか、きれいな仕事ではない。給料は少しはいいかもしれない。でも、このくらい貰える仕事は、いくらでもある。社会から遠ざかってて一般の世の中がわからなくなる。この小さな空間が全てになってしまう。世間から 遠ざかっててこの世界しか知らない。こんなことでいいのかなとわびしくなる。普通の生活がしたくなる。辞めるにもやめさせてもらえない雰囲気。怖いです。
この職業・職種のここが良い 一年中 退職まで 一分も 遅れてはならない団体行動
この職業・職種のここが悪い 自分の余暇の時間は 片時もない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中24人
投稿者名 ポセイドン オイドン        投稿日時:2017/03/16 18:11:55
年齢・性別 45歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 警備救難業務(他者に同じ)
この職業・職種のここが良い やはり公務員という肩書、また、案外純粋な人が多い。
この職業・職種のここが悪い 保安学校・保大もほとんど18歳、19歳入学、当然保安庁一筋の勤務になるので、自分の特性が、保安庁に合わない時に、変更が難しい。22歳ではじめて、職業選択する方が、実り多い人生になるのではないか?
18歳で人生の職を決めるのは、無理があると思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中12人
投稿者名 とむくるーず        投稿日時:2017/03/05 01:06:21
年齢・性別 45歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 警備救難
この職業・職種のここが良い 良さは皆無。
この職業・職種のここが悪い 警備では、未必の故意で無理やり被疑者を罪人に落とし入れる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中11人
投稿者名 海坊主        投稿日時:2017/02/14 10:53:53
年齢・性別 23歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 警備・救難
この職業・職種のここが良い 理解ある上司の元で仕事が出来ると楽しいです、現に今、そうじゃないところは地獄なのでしょうか。5年もせずに転勤ばかりなので嫌な上司と一生とはならないようです。自分みたいなダメ人間への給料はもうちょっとカットして、陸で働き始めた若い方へ分配して欲しいです、若い陸勤の方に申し訳ないです本当に。それくらい私は貰っています。
仕事でいろいろ出来るのはたのしいです。
この職業・職種のここが悪い 凝り固まった組織。
船勤から陸勤になったら地獄、薄給超勤激務、そうなった時が怖い。
船員さん漁師さんの取り締まりに明け暮れる、あらを探しながら。こんなことをしてる時間を本当に悪いことをする密漁やらなんやらの内偵調査に当てれば良いのに。
件数件数、弱い者をいじめてそんなものを稼いでも何もならないと思います、まあ上には口が裂けても言えませんが実際そう思う人は多いようです愚痴は聞きます。
残業が偉いという感じはまだあるようです。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:31人中28人
投稿者名 海人        投稿日時:2017/01/17 21:12:12
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海の業務のほぼすべて、警備・救難業務がメイン。
警備は、密漁とか大きな事件は少なく、貝を1キロ取ったとか、書類がないとか、小さい事案が多い。
救難は、結局、死体回収業になる、映画で見るシーンは、まず一生で1回あるか、の世界。
この職業・職種のここが良い 海の仕事の何でも屋。
『人生の修行の場』としての貴重な期間。
大型船舶勤務はある意味24時間、海と生活をする。海の全般的なことにたづさわれる。
この職業・職種のここが悪い 保安学校や、保大は18歳で入庁し、他の職種に触れることなく純粋培養される為、保安庁基準が、世間の基準と同じ、と考える為、柔軟性のない人、組織が出来上がる。22歳の一般大卒の、ⅠⅡ種公務員を全体の2割ほど入れれば、世間一般の考えが浸透すると考える。
若い職員の離職率が余りにも高すぎる。→世間の流れと逆行している。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中20人
投稿者名 umimaru        投稿日時:2017/01/06 14:45:49
年齢・性別 47歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 他者に同じです。
この職業・職種のここが良い 共同生活が好き、団体行動が得意、な人に向いている。個人プレイが得意な人は、浮いてしまう。
また、海保での、忍耐、努力が民間他社に、勤務したときに役に立つことが多かった。
私の場合、個人プレイが多かったせいか、海保での評価は低かったと思うし、年上の補給長からいじめもひどかったし、同期も、何人かだけ、仲良しで、あとは疎遠でした。
海保では、精神面の強さが必要です。
この職業・職種のここが悪い 民間では、辞職するときは、1ヶ月前に言えばオッケーで、実際には、有給休暇処理で、会社に1回だけ挨拶に行っただけでした。また余った有給は、全部買い取りしてくれて、お金で返金してくれました。送別会も、笑いあり、で楽しかったです。
保安庁を、辞めたい、と言ったときは、民間に移ると地獄だぞ!と1年間言われて、まるで、裏切り者のように、言われて、有給休暇と言うことすら出来なかった。
私の場合、辞めるまで、1年まるまるかかりました。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中15人
投稿者名 kaiho        投稿日時:2016/12/31 10:38:19
年齢・性別 35歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 海保大出身ですが悪い点は特にないと思います。
他の人の挙げている悪い点は、どの職業でも存在する程度のもので、海保が特に悪いというわけではありません。海保に文句言っている人間は他の職業についてもどっちみち駄目でしょう。
この職業・職種のここが良い 普通では経験できないことを経験できる。
やりがいがある。
給料が高い。
貯金ができる。
この職業・職種のここが悪い 特になし。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中21人
投稿者名 うーみん        投稿日時:2016/12/11 00:40:38
年齢・性別 30歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 警備救難業務
この職業・職種のここが良い やりがいがある、幅広く業務を経験できる。
この職業・職種のここが悪い 特にない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中6人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7     次へ>>

海上保安官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※海上保安官として現在仕事をしている方、もしくは過去に海上保安官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
海上保安官のここが良い
海上保安官のここが悪い
仕事内容の詳細
海上保安官に対するあなたの状況

海上保安官とは

海上保安官(かいじょうほあんかん、Japan Coast Guard Officer/Sub-Officer)とは、海上保安庁の職員のうち、刑事訴訟法上の特別司法警察職員に指定されている者。主な職務は、海上(主として日本国の排他的経済水域内)における治安維持・法令の執行、捜索救難、海洋汚染の防止、海上交通の安全確保等とされ、海上保安庁法では法執行の職員として「海上保安官」と「海上保安官補」が指定されている。 海賊行為や海賊放送を行う船舶については日本国の領海のみならず公海上でも拿捕することができ、その結果として、容疑者を逮捕したり関連資産を押収することができるなど、警察官には許されていない権限が与えられているといったことから、海上保安庁は一般の警察よりも軍事的色彩が強く、国際的には「国境警備隊」や「沿岸警備隊」と同様の準軍事組織とみなされている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、海上保安官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。海上保安官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。