【職種】大学教員が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

大学教員の基本情報

仕事内容 自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師
平均年齢※ 41.8歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (152件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他の保育・教育の仕事

大学教員の仕事の本音一覧

全部で152件の投稿があります。(101~110件を表示)
<<前へ   6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16     次へ>>
投稿者名 ねぎ        投稿日時:2013/08/09 12:58:20
年齢・性別 33歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究(学生指導含め) 70%
教育(講義、実習) 20%
その他雑用 10%
この職業・職種のここが良い 時間の使い方が自由。
仕事の方向性、進め方も自由。
研究成果次第ではマスコミ報道されたり、商品化できたり、世界的に有名になれる。
仕事の成果が歴史に残る。
若い学生に囲まれ、職場に活気がある。
社会的にはしったかりした職業に見られる。
この職業・職種のここが悪い 30代は3-5年程度の任期付きポストのため、40歳くらいで准教授になるまではとても不安定。いつ無職になっても不思議はない。
業績を出し続ける必要があるので研究はかなり忙しく(土日休日も含め、AM10時〜PM12時くらいが労働時間)、遊びや結婚が難しい。
給料自体は悪くないが、時間当たりにすると低賃金。
任期が切れれば途中で職場を変えざるを得ないので、退職金には期待できない。
同レベルの能力と思われる修士卒の同期達と比較すると、収入は倍くらい違う。
同僚はいるものの、同期がほとんどいないため、孤独感が強い(そのかわり外部には知り合いが多い)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
投稿者名 中堅理系私大講師        投稿日時:2013/06/25 20:50:15
年齢・性別 41歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 講義担当は少なく,学生の研究指導が主です.年により配属学生の質が違うので,当たり外れはあります.そろそろ10年になりますが,外れ年もあると想定できるようになればなんとでもなります.外れでも,給料分以上の教育サービスは心がけてます.

この職業・職種のここが良い 研究に理解のある私大講師です.

好きなことが仕事になってることです.教育はしんどい時もありますが,給料分プラスアルファ程度をやればいい,と考えるようになったら気が楽になりました.

とにかく自由です.短パンで出勤してます.やることやってれば,とりあえず文句は言われません.

この先,純粋な自然科学を追求するか,社会科学寄りの研究で世直しするか,少し迷ってます.仕事の内容や方向性を自分で決めれるのもいいと思います.
この職業・職種のここが悪い 採用枠が非常に限られています.少子化でさらに縮小するでしょう.院生を指導しつつ,その将来を案じます.難しいですね.

ダメな上司の存在などありますが,どの職種でも同じでしょうし,与えられた自由を考えれば大したことではないと思います.
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中10人
投稿者名 地方国立大准教授        投稿日時:2013/05/05 14:26:29
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 講義とゼミ、学生の指導、委員会、さまざまな特別講座の受け持ち
この職業・職種のここが良い 研究の自由が与えられている。
この職業・職種のここが悪い 意外と雑用にこきつかわれる。
都市手当てがまったくつかない地域のため、小中学校の教員よりも給与が低いという現実がある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中6人
投稿者名 発展途上国お雇い外国人        投稿日時:2013/04/19 16:28:03
年齢・性別 36歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業は週に10コマ以上。その他学生の論文指導、人生相談、それから職員会議や学校のさまざまな活動への参加が要請される。
修士も四人面倒見てます。いい子達だけど、正直しんどい。
この職業・職種のここが良い 時間が比較的自由
社会的信用
学生達との交流は結構楽しい。
この職業・職種のここが悪い 発展途上国なのでものすごい薄給。現地の正規職員よりも安い。ただし宿舎が提供されているので助かっている。
研究者としてではなく教育要員として雇われているので、授業数が多い。自分の研究時間を採るのが大変。いまは修行の身と心得て精進するしかない。。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 くまさん 地方国立大教授        投稿日時:2013/04/12 01:39:30
年齢・性別 57歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 学生や大学院生の研究指導。実験と授業。現業職員の管理。社会貢献として、各種委員、市民講座、団体や自治体の支援。中学・高校生の指導。学部の委員。他大学等の非常勤講師。海外技術支援。
この職業・職種のここが良い 8時30分に出勤しなくていい。裁量労働性である。
一応、社会的名声がある。若い学生を相手にできる。学生を使って自分のアイデアで研究ができる。
定年が65歳と他の職種より長い(今は)。
この職業・職種のここが悪い 成果成果でその報告作業で時間が過ぎていく。成果が何の具体的評価になっているのか分からない。一般社会からは「おかしい人物」が多い。偉そうな発言や記事を書いているのに職員宿舎で全く管理費も払わない教員もいる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中9人
投稿者名 りこちゃん        投稿日時:2013/03/30 23:40:02
年齢・性別 50歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細  授業週7コマ。
 学生指導。
 会議出席。
 地域貢献(各種委員会の委員、公開講座等)。
この職業・職種のここが良い  好きな研究が出来る。そう多くはないが、研究費が出る。
この職業・職種のここが悪い  いい加減な教員もいる。研究も学生指導もしない同僚がいる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
投稿者名 地方私大講師        投稿日時:2013/03/16 00:09:54
年齢・性別 40歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 週に単独で2コマの生物学系講義。ゼミ形式の単独講義や演習は週に4コマ。それ以外は正規のコマ数ではないが実験(研究)の指導。実際は雑用(事務員のような書類作成、学内の会議準備、経理作業、論文査読、論文編集、学会委員としてメールやりとり、学会や研究会の準備や手続き)の合間に、論文書いたり読んだり、学生との研究談義と人生相談。
この職業・職種のここが良い 頑張った学生にはとても感謝され卒業後も付き合いも続く。若い人たちとコミュニケーション取れるので楽しい。学会と称して、あちこちに旅行ができるし、昔の友人にも会いに行ける。一応、好きな研究が出来る。自分がPIである。社会的信用があるし、世間では、まあまあ尊敬される。
この職業・職種のここが悪い 学長の気まぐれや独裁に付き合わされる。学生の短期留学やイベントに付き合わされるため自分の学生への指導が犠牲になる。教員間による研究レベル格差や、学生指導格差が大きく、卒業生の質がバラバラ。今の多くの私大は、昔ではあり得ない質の学生を相手にしているので、精神的負担が大きい。詐欺大学が多い、退職する教員は捨て台詞としてそう言う。学生を騙してるような事が多い(それと知っても大卒資格が欲しい人ばかりでしょう)。鬱になるし、離婚者も多い(私もそう)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中12人
投稿者名 学君        投稿日時:2013/01/22 16:32:41
年齢・性別 44歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神的な疲れ具合
授業とその準備17%
会議30%
非常勤講師の確保や教室の準備、教材の確保5%
学部長命令で、働かない同僚の後始末40%
そのほか5%
この職業・職種のここが良い 自分の都合で出張申請ができる。比較的自分を中心にして予定が組みやすい。
世間的にはそれなりのステータスがある。
この職業・職種のここが悪い 知性を求める仕事のはずだが、毎日何かしらの書類書きに追われる。
ゆとりの世代から特に顕著になったが、学生の幼稚さが目立つようになり、嫌だとなったら梃子でも動かない、すぐにハラスメントを持ち出す学生が増えた。こういう学生を相手にしなければならない。
本来事務がやった場が効率的な仕事を教員にやらせようとする。コピー機の管理とか。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 旧帝教授(工学)        投稿日時:2012/12/28 11:12:42
年齢・性別 52歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究課題の発見(価値があり新しい事が必要)
研究課題解決環境の構築(作文,政治も必要か)
研究課題解決(実験,解析,お勉強)
研究成果の公表(学会,マスコミ)
研究成果の社会還元(企業と組んで商品化)
研究実践のオンジョブトレーニングによる学生教育
教科書の選定,執筆,講義ノートの作成
講義(睡眠学習法実践中の学生を起床させる作業付)
小中校生,とくに女子学生に工学分野の魅力の宣伝
研究室の掃除,学園祭のゴミ掃除
誰も読まない役所向け報告書の作成
なぜか特定教員に集中する大学行政事務の処理での徹夜と休日勤務
この職業・職種のここが良い 自分の好きな勉強が,仕事としてできる.
自分の研究成果が,社会に役立ち,学界にも永遠に残り得る.
優秀な学生を鍛え社会に貢献する人材として送り出せる.
勉強するための資料や道具を手に入れる手段が抱負(個人研究者と違い,助成申請の途が多い)
世界中の同好の士との交流や切磋琢磨が可能.
給与の割に社会的地位が高い.
死ぬまで自分を成長させることができる.
多少,変わった性格,趣味,服装でも許される.
仕事をまったくしない人でも,同じ給料.(本人にとってはいいでしょうね)
この職業・職種のここが悪い 研究教育以外の雑用が年を追う毎に増えている.
深夜早朝までの実験や研究が日常である.
査読,学会業務,他大学学位審査などの無給業務で休日がつぶれる.
同じ大学の同級生と比べると給与が50〜70%(みんな偉くなっちゃって.)
仕事をまったくしない人でも,同じ給料.(周りににとってはいい迷惑)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中17人
投稿者名 私大准教授        投稿日時:2012/12/10 23:42:13
年齢・性別 48歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 講義+講義準備、ゼミ、卒論指導
教授会、研究科会議、学科会議の出席
外部資金の申請書づくり
論文執筆、学会発表
この職業・職種のここが良い 時間が比較的自由。
学会発表として海外旅行ができる。
お給料が思ったよりはるかに高かったのでびっくりでーす。
この職業・職種のここが悪い トップの判断で全てが決まり、現場の意見が反映されないときがある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中13人
<<前へ   6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16     次へ>>

大学教員の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※大学教員として現在仕事をしている方、もしくは過去に大学教員をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
大学教員のここが良い
大学教員のここが悪い
仕事内容の詳細
大学教員に対するあなたの状況

大学教員とは

大学教員(だいがくきょういん)とは、大学における教員のことである。 日本の大学教員 職階と職務 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学教員の職階は、次の通りである。 大学教員の資格 大学等の高等教育機関の教員となるため資格は、学校教育法に基づいて定められている文部省令・文部科学省令である「大学設置基準」「短期大学設置基準」「大学院設置基準」「専門職大学院設置基準」「高等専門学校設置基準」「大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則」などに定められている。その基準にはおおむね次の3点が含まれる。 専攻分野についての教育上の知識・能力・実績 専攻分野についての研究上の知識・能力・実績 専攻分野についての実務上の知識・能力・実績例えば、教授となることのできる者について、大学設置基準によれば、次のいずれかに該当する者で、かつ、大学における教育を担当するに相応しい教育上の能力を有すると認められる者と定めている(大学設置基準第14条)。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。