【職種】大学教員が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

大学教員の基本情報

仕事内容 自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師
平均年齢※ 41.9歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (164件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他の保育・教育の仕事

大学教員の仕事の本音一覧

全部で164件の投稿があります。(61~70件を表示)
<<前へ   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12     次へ>>
投稿者名 享受        投稿日時:2015/06/29 19:25:15
年齢・性別 47歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 エフォートだと分かり難いだろうから、素で書きます。授業や演習が、年平均週2~3時間(セメスターで変わり、ゼロのセメスターもできます)。役職がある年は学内会議が平均週一程度その関連作業で数時間。外部の講演、会合、委員会が平均週2~3回、取材や打ち合わせも同様。あとは研究と執筆。年数回は国内外で学会発表や打ち合わせ、海外出張はスポンサーや予算次第だけれど年4~5回世界中。待遇や仕事内容は、人それぞれ。決まった仕事に対して、決まった待遇を期待している方は、今後待遇が良くなることはないと思います。
この職業・職種のここが良い スペック化して語ることが難しい職業です。時間の自由度は高く(研究メインということで授業はぎりぎりまで抑えられてます)、また研究・執筆、コンサル、外部の役職など比較的自由にできている。一応いろいろな世界にも入り込みやすい仕事なので、その気があれば、ネットワークもどんどん広がる。社会貢献や教育についても、やりがいがあります。
この職業・職種のここが悪い 国立は給料が良くない(上記の給料は大学からのみ)。給料以外のベネフィットも貧弱で、とくに海外と比べると泣きたくなるレベル・・・少なくとも待遇面では海外からいい人材など呼べるわけがない。現状は、世界・国内のトップクラスの大学院出て、業績があっても、交渉次第で多少色がつく程度。首都圏だと、地域手当があり副業が多くこなせるので何割増しかになるけれど(人によります)。ピントのはずれた政府や文科省の言うがままで待遇が左右され、必要もない改革や報告が無駄に増えている(日本の教育や大学にとって良いとはとても思えないんですが・・・)。私学と違って、実績や外部資金獲得のバックもほぼない。あとは人それぞれ、分野や本人次第では。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中4人
投稿者名 くたびれ教授        投稿日時:2015/06/22 11:31:02
年齢・性別 59歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業・ゼミ

論文指導
学会の仕事(査読、学会誌編集、学術大会、シンポジウム企画など)=大学はこれを仕事と認めない

フィールド調査・研究
各種委員会(教務、人事、カリキュラム)

不登校学生の追跡、保護者への連絡

この職業・職種のここが良い 労働時間が比較的自由
若い人との付き合いなのでリフレッシュできる

研究室があり、”私的”に利用できる居場所がある
この職業・職種のここが悪い 学生一人ひとりの私生活まで責任を持たされる

留学生については、保護者としての役割がある(結核で隔離病棟に長期入院したとき、半年間毎週のようにお見舞いや差し入れを行った経験もある)

大学での雑用(委員会や事務手続き)よりも学会等での”社会活動”が経済的にも時間的にも大変である(大学当局から社会貢献を強く求められながら何の便宜も図ってくれない)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中2人
投稿者名 駅弁殉教        投稿日時:2015/05/13 02:53:31
年齢・性別 43歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 現在のエフォートは
教育60%(授業、学生指導、教育周辺業務)
研究10%(時期によっては限りなくゼロに近い)
大学運営・社会貢献30%
くらいか。
この職業・職種のここが良い 大学教員なら誰でも知っていることだが、大学により、またはポストによりピンキリ。自分はいわゆる駅弁国立大の准教授だが、良いところは安定性、裁量労働制、好きな研究ができる、その地域内での社会的地位が高い、といったところ。
この職業・職種のここが悪い これもピンキリなのだが、自分に関しては、昇進の可能性が極めて低いこと。個人の能力や実績に全く関係なく、年功序列で昇進が決まってしまう。少し年上の層が多くいる組織だと、それだけで教授になる目は無くなってしまう。研究者になりたくて大学教員になったのに、とても研究者とは呼べない生活を余儀なくされていること。これは一部の恵まれた大学以外はたいてい同じ思いを持っていることだろう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中5人
投稿者名 旧帝助教        投稿日時:2015/05/10 12:48:03
年齢・性別 32歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究20%、
研究費や助成金集め20%、
どうでもよいミーティングや委員会20%、
教育20%、
授業と実習10%、
大切な会議や委員会10%
この職業・職種のここが良い 学生の成長をサポートし、それを見ることができる。また、研究ではまだ誰も知らない新事実を一番に手にすることができる。得られた成果は論文で発表し、うまくすると学会などから賞をいただける。自己満足度は高く、幸せな職業だと思います。
この職業・職種のここが悪い 労働時間に終わりがない。激務過ぎる。世界と戦うために、土日祝日はおろか、夏休みやGW、年末年始ということもなく働く。でないと競争に負けるかもしれない、という不安が付きまとう。これを学生にも強要しなければならず、常にハラスメントで訴えられる可能性がある。ただし、勤務形態は研究室による差が激しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中6人
投稿者名 かな        投稿日時:2015/04/13 19:15:34
年齢・性別 43歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 入試委員としての高校営業活動 年間1000キロ以上運転
オープンキャンパス企画、実施 。事務職員は、アウトラインだけつくり、教員へ放り投げ状態
教務関連の時間割編成作業
新入生歓迎行事の企画、実施。
資格関連の書類作り
授業、前期9コマ、後期9コマ
実習巡回
この職業・職種のここが良い 自室が持てる。好きな研究ができる。
この職業・職種のここが悪い 少子化で将来性、安定性にかける仕事となった。
力関係で事務職員が強い場合、彼らは働かず教員に膨大な仕事を振り、少しでも断るとふてくされる。
お人好し教員は、どんどん仕事を振られる。
最悪な教授は働かず、部下にどんどん押し付ける。ただし、人事等には口出しする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中10人
投稿者名 ケンです。洗濯屋の。        投稿日時:2015/04/06 00:58:48
年齢・性別 37歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育と研究。社会貢献。
この職業・職種のここが良い 実績・業績主義であること。
この職業・職種のここが悪い ↑なはずなのに、業績無し、学位無しの教員が混じっていることがある。とても迷惑。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中6人
投稿者名 RX-78-2(地方私学理系)        投稿日時:2015/03/08 22:54:29
年齢・性別 45歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 生活指導、実験指導、プレゼン(ゼミ)、講義(年間1人で4科目、オムニバス多数)、学生実験、英語の個別指導、各種委員(入試、就職、FD、、、)の会議、広報、高校訪問など営業活動、大学院の委員会、学会発表、学術雑誌編集と査読、論文と本の執筆
この職業・職種のここが良い 好きな研究が出来る。気持ちが若く居られる。学会ついでに色々楽しめる。社会的に少し尊敬される。時間が比較的自由で休暇も取ろうと思えば取りやすいだろう。飯と引き替えに学生のマンパワーを使える。未だ未だオバサン化してない女性と接する機会が多い、美人だと尚楽しい。
この職業・職種のここが悪い 全入時代のせいか自分が大学生の頃には有り得なかった問題が沢山あるようで、生活指導、授業の受け方、ノートのとり方、本の読み方、等々を言葉を噛み砕いて何度も言わないとならない、相手は頭悪い中学生か?と思うこと多々なので、一部のマトモな学生に申し訳ない。問題学生の単位発行や処遇を学内政治の交渉カードとして利用する教員がいる。文科省にビクビクしすぎ。どうしようもないアホ学生に容易く単位やったりする教員が多すぎ、それが教員の持ちつ持たれつになっているのが心底嫌。実際は有給休暇なんて取れない。自分は厳しく育てられたせいか、最近の涙もろかったりヘタレ自慢するような男子学生を理解できず、説教中にブチ切れてしまう。研究時間が欲しいという割には、会議で勿体ぶってダラダラ発言する年寄りが多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中5人
投稿者名 zyx        投稿日時:2015/02/03 23:19:11
年齢・性別 27歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 某宮廷テニュトラ助教
仕事自体は研究も、教育も大好きなので天職だと思っている。また、教授のつてで兼業もでき、研究で培ったノウハウを製品化している。これもやり甲斐があって、毎日本当に楽しい。
いまは、一日18時間でも働きたいし、土日も思いっきり働くが、いつまでこれを続けられるかは不安。
そろそろプライベートを充実させたいが、出会いがない。
この職業・職種のここが良い 時間が自由、やりたいことが出来る。教えるの大好き
この職業・職種のここが悪い 激務、教授、学生に挟まれる。
鬱になる学生多すぎ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中2人
投稿者名 未ちゃん        投稿日時:2015/02/03 00:14:50
年齢・性別 66歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教授として働いております
この職業・職種のここが良い まあそこそこ好きな研究ができ、66歳というお歳で、高給が食めますわな。
この職業・職種のここが悪い 近頃雑用が多いですなぁ~~、会議や文書作り・・・
ポカをやった教員の後始末とか・・・それと将来性はといえば、あまりお勧めの職業ではないね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中0人
投稿者名 地方私立文系 講師        投稿日時:2015/01/19 23:11:27
年齢・性別 34歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 現状7コマ。来年はもう少し増えそう。
空いてる時間は学生対応とか事務仕事、添削、会議に追われる。
授業準備は帰ってから。ほとんど寝られない日もしばしば。
土日出勤が結構ある。
ちょこちょこ細かい仕事や報告が降ってくる。
この職業・職種のここが良い 少人数なので学生と向き合えるのは楽しい。学生は素直。
時間の融通は利く。
自分のペースで進められる。
自分の専門の話が出来るのはいい。
職場の雰囲気はよい。研究も奨励される空気があるのが救い。
この職業・職種のここが悪い 給料が低すぎる。昇給が無いとは思わなかった。
7コマ+雑用を真面目にこなすとほぼ休みなし。
任期のプレッシャーは大きいのだがなかなか研究に時間がとれない。
研究費はそこそこだが、図書館がしょぼすぎて本が無い。
定員割れがひどくて、あと何年持つのか不安
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中9人
<<前へ   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12     次へ>>

大学教員の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※大学教員として現在仕事をしている方、もしくは過去に大学教員をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
大学教員のここが良い
大学教員のここが悪い
仕事内容の詳細
大学教員に対するあなたの状況

大学教員とは

大学教員(だいがくきょういん)とは、大学における教員のことである。 日本の大学教員 職階と職務 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学教員の職階は、次の通りである。 大学教員の資格 大学等の高等教育機関の教員となるため資格は、学校教育法に基づいて定められている文部省令・文部科学省令である「大学設置基準」「短期大学設置基準」「大学院設置基準」「専門職大学院設置基準」「高等専門学校設置基準」「大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則」などに定められている。その基準にはおおむね次の3点が含まれる。 専攻分野についての教育上の知識・能力・実績 専攻分野についての研究上の知識・能力・実績 専攻分野についての実務上の知識・能力・実績例えば、教授となることのできる者について、大学設置基準によれば、次のいずれかに該当する者で、かつ、大学における教育を担当するに相応しい教育上の能力を有すると認められる者と定めている(大学設置基準第14条)。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。