警備・救難・交通・各種事務手続きからごみ拾いまで。ほん...(海上保安官の本音)

職業 海上保安官
投稿者名 辞めようか考え中        投稿日時:2014/07/01 20:57:34
年齢 23歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 警備・救難・交通・各種事務手続きからごみ拾いまで。
ほんとに海の何でも屋。
救難がしたいなら消防、警備がしたいなら警察をおすすめする。
この職業のここが良い ・大型船に乗れば、全国に派遣され一般の人が体験できない体験ができる。
・救難事案で救助できた時の、やりがい・達成感は何事にもかえがたい。
この職業のここが悪い ・業務が多岐にわたり過ぎているため、各専門分野のプロフェッショナルが少ない。
・上に関連し、定年したときに何か技能が身についているか、やりがいを感じられるか心配。
・40日程度の行動でも行動中の休みは2日程度(その他の日は略24時間船内に缶詰)のうえ、その割に給料が少ない。(簡単ではあるが計算したところ、時給700円程度であった)
・小型艇に乗れば、検挙件数に縛られ漁業組合に頭を下げて告訴のお願いまでする。
・人事はひとごと。希望業務になかなか就けない。
・一般巡視船の士気は基本高くない。
・当庁の船は当庁内で設計するためか、はっきり言って駄作も見受けられ、そのしわ寄せは現場(例:はてるま型巡視船、カヤセックダビット)
・基本的に隠ぺい体質(海の上だから見えない、見せない)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中11人

honne.bizでは、海上保安官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。海上保安官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。