教育:全部で4~5割程度教育(講義):・通常講義が前後...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 私立理系        投稿日時:2016/02/26 10:41:40
年齢 43歳
年収 900万円以上1000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育:全部で4~5割程度
教育(講義):
・通常講義が前後期それぞれ3コマ
・実習の監督でそれほど負荷が無いのが前期2コマ
・大学院講義が前期1コマ

教育(学生指導)
・ゼミ:学部生2コマ,院生2コマ
・個別指導:適宜。中間発表や最終発表前は仕事時間の9割をしめることも。

雑用:3割
・委員会業務,会議など
・全教員がいくつかの委員会に入らされるが、委員会よって負荷が大きく違うので、しんどい委員会だと研究時間が削れる
・夏に高校訪問やオープンキャンパス,冬に入試監督があり、年に5~6日(出勤日換算で2%程度)は丸一日つぶれる雑用が入る

研究:2~3割
・時間割りを工夫すれば、平日丸一日を大学に行かずに家で研究できる日に出来る。
・研究はメンタル的な要素が大きいので、アレな学生の応対をしたときは、気力が無くって結局何も出来ないことも。
この職業のここが良い 優秀な学生が居れば議論が楽しい。
講義が無い時間は自由に使える。
服装が自由。

この職業のここが悪い 事務手続き(霞ヶ関の人に同情されるレベル)
何で必要なのか納得できない会議や雑用が多い。

近年、企業から来て偉そうに幅をきかせる人が増えた。彼らの中には企業的なパワハラ・セクハラの慣習を学生に押しつける人も居て、トラブルになっていることも。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。