研究では、データをとり分析し、それを論文にしたり、学会で発表...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 首都圏私立大学教員        投稿日時:2012/05/03 22:23:28
年齢 51歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究では、データをとり分析し、それを論文にしたり、学会で発表したりする、場合によっては本にする
教育では、講義を行ったり、実習を行ったり、学部生や院生の論文指導を行ったりする
学内行政では、学部や学科のさまざまな運営を行う
その他に、査読をはじめとする学会業務、講演や講習、公的な役員の仕事などがある
この職業のここが良い 自分の好きな研究ができること
自分の研究をもとに授業を行うことができること
時間に比較的縛られず、仕事の裁量権があること
研究を行っていくと新たな発見があること
頑張れば誰でも世界最先端の研究を行うことができること
この職業のここが悪い 各教員が教育・研究・学内行政の1人3役をこなさなければならないこと
経営が厳しくなるにつれ、研究に割くことができる時間が好くなっていること
仕事ができる人とできない人とで仕事の量や質に大きな違いがある割に、収集に違いがないこと
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。