地方のいわゆるボーダーフリー大学。(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 地方私立        投稿日時:2014/09/02 23:56:52
年齢 37歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 地方のいわゆるボーダーフリー大学。
この職業のここが良い 教員間でコミュニケーションが取れており,人間関係がいい。
この職業のここが悪い ・週10-12コマ。もちろん手当なし。
・教授から准教授,准教授から講師への降格が頻繁(大学の経営的理由)
・給料が少ない。
・シラバスが勝手に書かれる。
・学生にとって卒業がかなり困難なカリキュラムを勝手に組まれる。その尻拭いを教員が行う。
・研究費や出張費の支給はないが,対外的に出していることにしている。
・数年で,教員数が1/3程度になっている。補充はない。
・いない教員のシラバスに載せ,実際は他の教員がゴースト的に教えている。
・外部での仕事が禁じられている。
・研究室は複数名の教員でシェア。いわゆる職員室
・機材がないのに,医療系のコースを開学している。
・経営がわるいことを隠す。
・図書館のOPAC等,一切の機能が停止している。
・有料の文献検索サイトが使えない
・離職率が高く,年60%程度
・経営陣の反感を買うと解雇となるか,事務職員に異動となる
などなど
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。