教育 3割 近年は雑務が増えるばかりで、じっくり学生と向き合...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 HY        投稿日時:2015/01/17 00:22:49
年齢 50歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育 3割 近年は雑務が増えるばかりで、じっくり学生と向き合う時間が取れなくなっているのが問題。

研究 1割 授業は時間が決まっているので、最低限の時間は割くことになるが、やはり雑務が多く、自分の研究時間を割いて対応せざるを得なくなっている。

管理運営 4割 大学内の委員会など。個人差が大きいが、私はヒラ教授のなかでは仕事が多く、損な役回りをしている。

社会貢献 2割 研究分野に関連した行政機関の委員など。門外漢の仕事を頼まれることもあるが、比較的気分転換に役立ち、副収入にもなるので、意外と重要。
この職業のここが良い 地方国立大学勤務のため、社会的なステータスはかなり高い。
勤務時間の自由度が高い。
研究の調査や学会出張で国内外に出掛けることができる。など
この職業のここが悪い 世間知らずで、社会性の低い変人が少なくない。
法人化以後、民主的でゆとりのある大学運営が陰を潜め、常に何かに追われるような自転車操業的な運営になってしまった。大学には研究のプロは沢山いるが、経営者としてはシロウトばかりなので、法人化には不向きな組織だ。
いずれにしても、国の文教政策の脆弱さが原因。教育を大切にしない国に未来はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中9人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。