学内:授業、学内行政および重要性を問わずやたらと多い各種...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 可比馬羅准教授        投稿日時:2015/07/01 18:55:37
年齢 47歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 学内:授業、学内行政および重要性を問わずやたらと多い各種会議への出席、学生指導(学期毎のオリエンテーションや履修相談、学生の色んな書類にハンコやサイン)、入試関連業務やオープンキャンパス。

営業: 高校出前授業、教育実習訪問指導、保護者説明会。

上記以外の時間に自分の研究。
この職業のここが良い 裁量労働性で時間の自由がきく、好きな研究=仕事である、仕事に創造性と達成感がある、若い子達と日々接し気持ちを(あわよくば外見も)若く保てる。
この職業のここが悪い 大学による研究教育環境の格差、(バカ大学ほど)文科省に逆らえないこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中2人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。