【職種】精神保健福祉士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

精神保健福祉士の基本情報

仕事内容 精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする
平均年齢※ 34.2歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
精神保健福祉士に関連する資格 【資格】精神保健福祉士<国> 介護支援専門員【ケアマネジャー】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (75件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.4000 [2.4点]
やりがい 3.2000 [3.2点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の福祉に関する仕事

精神保健福祉士の仕事の本音一覧

全部で75件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 けい        投稿日時:2019/03/02 20:02:01
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神障害者の就労継続支援事業所(B型)の相談員
この職業・職種のここが良い ①民間企業のようにがつがつと数字が求められない。
②精神障害者の相談にのり、問題の解決に向けてサポートできる。
③利用者さんから、ありがとうと言ってもらえる。
④精神疾患や精神保健の知識が身に付き、障害福祉分野の構造を学ぶことができる。
この職業・職種のここが悪い ①給料が低い。(精神保健福祉士自体の平均年収がかなり低い。)
②内職や車の運転、施設内洗浄、ゴミの分別等のソーシャルワークと直接関係のない雑用業務が多い。
③将来設計がたてづらい(特に、結婚を考える男性は)。
④無資格者でも雇用されてる人も多く、専門性が発揮しづらい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 茶々        投稿日時:2019/02/21 08:49:05
年齢・性別 24歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院内においてインテーク、アセスメント、支援計画の作成を行う。精神疾患を抱える人を医療ではなく、人や環境との繋がりの中で相談に乗ったり、医療、福祉関係者と連携しながら支援していく。
患者さんの生活上、経済上など生きていく上で起こる問題について相談にのり、一緒に解決していく。
地域のクリニック、保健所、障害者の方達のための支援施設、時には警察署との連携を行う。
精神障害を抱える人がその障害のために不利益を被らないように権利擁護をする。
日々新しい情報を取り入れる。
この職業・職種のここが良い 社会の縮図を間近で考え、一緒に解決していく楽しさや面白さがある。色んな家庭、人生を知ることができ他人に興味がある人にはとても興味深い仕事だと思う。
営利目的でないので、素直に他人や社会のためになる行動がとれる。

この職業・職種のここが悪い 日本ではまだまだ発展途上なので、専門職として認知されにくい。しかし、怠らずに勉強を続けていくとあらゆる関係者から声がかかり、仕事も増え、収入も上がる。逆を言うと勉強せずに毎日同じ仕事しかしていない精神保健福祉士は収入も上がらず、将来性もない。
資格を取ってから自分で努力をし続けられるかが、重要。ただ、地域や職場によって待遇に差があるのは事実。自分は都会で先進医療を行なっている病院だから言えることなのかもしれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 カンジー        投稿日時:2018/11/14 01:19:13
年齢・性別 50歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科単科病院の精神保健福祉士。入退院時の支援、医療福祉制度案内、地域移行支援等。
この職業・職種のここが良い 患者さんの人生、関わりがとても勉強になる。精神医療や精神保健福祉の最前線の知識が身に付く。社会福祉士、介護支援専門員等の資格もやる気が有れば取得可能となる。
この職業・職種のここが悪い 給料低い、他職種との板挟み、慢性的人手不足。精神保健福祉士というより、事務員の雑用に近い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中18人
投稿者名 新米        投稿日時:2018/09/14 09:47:53
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 法人内にあるグループホームでの利用者支援と事務作業
この職業・職種のここが良い ある程度の制約はあるものの、ひとり職場であればマイペースに仕事ができる
トラブルさえ起こらなければ肉体的、精神的には楽
運営母体によっては研修や休暇の制度が充実しているところもあるので、自分の能力を高めることができる
この職業・職種のここが悪い 障害者だけでなく支援者・関係者とも幅広く関係を持たなければならない職業なので、ひとりでも自分と合わない人が出ると途端に辛くなる
仕事ぶりを叱責されることもあるが、絶対的な正解・基準がない仕事なので、モヤモヤすることもあり得る

自分の理解の範疇を超えるような行動を起こす利用者もおり、ひとり職場だと対応に苦慮することもある

人の言葉の裏を読むのが苦手、集中力はあるが俯瞰的に物事を捉えるのが苦手、計画性がなく刹那的に生きてきた、アドリブが苦手
これらの要素に複数当てはまる人の場合は厳しいかもしれない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 ブレイクスルー君        投稿日時:2018/08/09 09:02:40
年齢・性別 30歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大規模社会福祉法人で就労継続支援A型、B型、グループホーム、計画相談等の支援員を兼務。地域包括支援センターにもドライバーとして出向くことがあり。とにかく人手が足りない。
この職業・職種のここが良い クライエントの豊かさを増やすサポートができる。技量によるが生活者の視点で包括的なアセスメントを実施することが可能。支援の線引きができるなら定時で上がることも可能。ボランティア的にサービス残業をしている同僚もいるがそういう輩は専門職として「profess」をしていないのでそういう産廃にならなければワークライフバランスは保たれる。
この職業・職種のここが悪い 給料が安い。ダブルワークをせざるを得ない。私の地域の社会福祉法人全体で副業は容認されている現況。同僚もアルバイト、業務委託等で収入を嵩上げしている。

私の収入の内訳は

精神保健福祉士(地域系経験3年)=年収430万/フルタイム
警備員アルバイト=年収140万/週1~4
ブログ&個人事業&株&アフィリエイト=年30万

総合計で年収600万で回している。
昇給もわずかながらあり漸増は毎年する。
40歳年収700万、50歳年収800万が着地点。

私の働き方に興味があれば私のハンドルネームでグーグル検索して頂ければ詳細な働き方を晒しているので支援者の方々はぜひ参考にして欲しい。支援者自身が物心両面で豊かでないと良い支援は実践できない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中10人
投稿者名 おっと        投稿日時:2018/07/26 19:27:45
年齢・性別 29歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 障害年金の受給、施設入所、就労など、本人の望む生活を実現する上での必要なサービスの調整
この職業・職種のここが良い 悩み相談を受けることが好きな人は向いていると思う。
病棟、デイケア、訓練施設と勤務をした事があるが、どの部署も残業はほとんど無く定時に帰ることができる
この職業・職種のここが悪い 精神保健福祉士の学校では話しを聞くに当たっての技法を教えられるが、特別な技術は一つも無く、思慮深い人であれば当然のことを言っているようにしか感じないと思う。それゆえ業務内容に特別性がなく、資格が無くても支援する上でまったく問題が無い。
勤務歴が同じ看護師と精神保健福祉士では、看護師の方がはるかに良い支援計画を立てることができるのが現実。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 みぽりん        投稿日時:2018/07/22 02:07:44
年齢・性別 43歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 保健所の精神保健福祉相談員
この職業・職種のここが良い 地方公務員のため安定している。
人生を教えてもらえる。
繋ぐ、繋がる仕事。人脈が広がる。
この職業・職種のここが悪い 緊急対応など想定外の業務になる。
国の施作、制度が頻回に変わるため常に情報収集が必要。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 みほ        投稿日時:2018/02/14 22:04:28
年齢・性別 30歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 訪問看護、外来での生活支援、病棟での退院支援。
書類作成、他機関との連携
この職業・職種のここが良い クライエントの成長を一緒に喜べる。また、それが自分の成長にもつながる。年上のクライエントを担当するといろいろな話が聞けて、人生の勉強にもなる。
この職業・職種のここが悪い 現実と制度の壁にぶち当たる。クライエントの調子が悪いと理不尽に八つ当たりをされ、ストレスがたまる。クライエントの病状だけをみて、生活全体を見ないDr、本人の事だけしか考えないDr、すべて就労支援につなげれば何とかなると思っているDrがいるのでこれもストレスになる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中22人
投稿者名 あい        投稿日時:2017/12/03 19:51:32
年齢・性別 34歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 単科の精神科病院の相談員
管理職
この職業・職種のここが良い 病院の中で唯一の福祉職。
生活者としての視点を持って関わりを持てる。
この職業・職種のここが悪い 他の医療者との板挟みになりやすく、離職者が多い。
病状が悪いときに接することが多く、ストレスが強くかかることもある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:22人中16人
投稿者名 ぽんず        投稿日時:2017/10/21 01:16:58
年齢・性別 35歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 病院の雑用。熱血先輩の自慢話を聞くこと。
この職業・職種のここが良い ない
この職業・職種のここが悪い 看護師や事務がやりたくない仕事を国家資格と銘打って行っている。
この資格や社会福祉士も高齢化社会になろうが必要ない資格。看護師しかこの資格取れないとした方が効率よい仕事が出来そう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:37人中16人
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

精神保健福祉士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※精神保健福祉士として現在仕事をしている方、もしくは過去に精神保健福祉士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
精神保健福祉士のここが良い
精神保健福祉士のここが悪い
仕事内容の詳細
精神保健福祉士に対するあなたの状況

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は、精神保健福祉士法で位置づけられた、精神障害者に対する相談援助などの社会福祉業務に携わる人の国家資格である。PSWと呼称されている。 名称独占資格ながら、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などに必置資格に準ずる配置となっている(精神保健福祉法では精神保健福祉センターや保健所に精神保健福祉相談員を置くことができるとされている)。また、精神科病院においては作業療法士と同じく診療報酬業務があり、多くの精神科病院・クリニックで配置されている。 近年においては、企業のメンタルヘルス問題などを取り扱うEAP分野での活動を始め、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律に規定される、社会復帰調整官や精神保健参与員としての活躍が認められ、必ずしも精神医療・精神保健福祉分野に限定されない活動が期待されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、精神保健福祉士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。精神保健福祉士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。