【職種】精神保健福祉士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

精神保健福祉士の基本情報

仕事内容 精神科の入院患者の社会復帰をサポートする
平均年齢※ 34.3歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
精神保健福祉士に関連する資格 介護支援専門員【ケアマネジャー】精神保健福祉士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (57件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 3.2000 [3.2点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.6000 [2.6点]

その他の福祉に関する仕事

精神保健福祉士の仕事の本音一覧

全部で57件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6     次へ>>
投稿者名 美由        投稿日時:2016/10/02 04:55:30
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科病院で、女性の閉鎖開放病棟を3年間担当し、この4月から急性期治療病棟を担当しています。

退院調整が主となり、要介護認定の申請、ケアマネージャー紹介、施設紹介や見学同行、生活保護の申請、障害年金や自立支援医療、障害福祉サービスの紹介、家族会や当事者会の紹介、各種手続きの代行などを行っています。

病棟以外のお仕事は、問診、外来患者さんの単発的な相談業務、研修医クルズス、院内研修での精神保健福祉法講座、外部会議への参加、他機関への挨拶回りなど。

入院患者さん全体にかかる書類業務は、部署内で分担しており、精神保健福祉法における入院届、退院届、定期病状報告、生活保護法の入院要否意見書やおむつ代請求、介護保険法の医師意見書、障害者総合支援法の医師意見書、検察や警察からの照会書、病院月報などがあります。

また、困難ケースと言われるようなケースでは保健所等と連携しながら、退院後も継続的に支援を行います。
相模原市の事件後注目されている、措置入院に関する業務も今後増えていくと思われます。
この職業・職種のここが良い しっかりヒアリングをして支援を行い、患者さんや家族さんの希望にそえた時にはやりがいを感じます。

退院先を探す時、はじめはいちから探すので時間がかかりますが、繰り返すうちに自分の中にレパートリーが増えてきて楽しくなります。

土地柄や買い物のしやすさ、アクセスの良さ、費用や施設の強みなどを知るために、日頃から地域資源に関心をもつことがサービスの質の向上に繋がり、休日の散歩でも目的が増えて楽しくなります。

経験を積むことで、就職先が拓けてくることも面白さのひとつだと思います。
この職業・職種のここが悪い ・支援に答えはなく、倫理的ジレンマに陥ることがある。

・病気のせいであっても、患者さんから心無いことを言われると落ち込む。

・病院の経営と患者さんの支援、医師と看護師、病院と地域支援者などで意見が異なる場合は板挟みになって精神的に苦しい。

・退院促進の流れが強まり法改正の度にPSWの業務が増えるが、給与は変わらず、退職者が出ても補充がない→やりがいを感じる余裕がない(うちの法人の愚痴です、すみません)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中19人
投稿者名 ぷりん        投稿日時:2016/08/13 06:34:18
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ◼単科精神科
 doctorとの関係はよく、pとしての立場やヒエラルキー(底辺ではない)がきちんと保たれていたため比較的働きやすい環境であった。入院退院調整が主な仕事。インテーク面談や専門外来患者の心理教育等もあり。基本的に入院ケースは外来に切り替わっても担当は変わらないため長くいればいるほど雪だるま式に増える。緊急対応が多く昼御飯が夕方になるのは当たり前。

◼行政職
 p採用ではあるが一般的な福祉分野に配置。激務の部署であり、pとして福祉観点で働きだすと仕事量は当然増える。しかし好きでやっていることなので仕方ない。
この職業・職種のここが良い 専門知識をたくさん学びたい人にはおすすめ。
どんどん研修や実務経験を積んで糧にしていける。
ヒエラルキーがそれなりにある職場なら、働きやすい。
対人折衝が得意になる。
この職業・職種のここが悪い 福祉分野なので、作業所等の給与はピンきり。
はじめの職場によってその後の異動先が決まる。勿論転職はできるが、結果平行異動している仲間もおおい。
やりがいは十分にあるのに長く働くためには、きちんとした報酬も必要。業務独占ではないため、全体の底上げには繋がりにくい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 あい        投稿日時:2016/07/13 23:25:31
年齢・性別 50歳(女性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科病院
受診、入院相談。療養に伴う心理的サポート、経済的な相談。退院支援。心理教育等のグループワーク。等々
この職業・職種のここが良い 精神の病気になった方の心理社会的な側面からの相談支援(ソーシャルワーク)は非常に専門的な業務であり、個々の特性やや社会状況をみながら支援することは、やりがいがあり奥深いです。
この職業・職種のここが悪い 勤務先によっては給与が低い。簡単に取れる資格になった分社会的な評価が今一つ。本来必要な専門性を担保できていない精神保健福祉士も少なくない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中11人
投稿者名 PSW        投稿日時:2016/06/03 23:17:00
年齢・性別 47歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 福祉事業の統括、病院経営参画、地域ネットワーク活動、現場のソーシャルワークもやります
この職業・職種のここが良い やる気があればソーシャルワーカーらしい仕事ができる。職能団体がしっかりしているのでサポートを受けられる。
この職業・職種のここが悪い 専門職としての自覚がない精神保健福祉士が多すぎる。資格があるだけでたくさんの給料がもらえる訳ないことは企業人なら理解できるはずですが、ドロップアウトしてこの業界に来る人たちはわからないみたいです。
精神保健福祉士の資格はあるがソーシャルワーカーとして働く気がない人は、辞めて欲しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:22人中20人
投稿者名 まっち        投稿日時:2016/05/07 15:01:11
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 国立大学教員。
この職業・職種のここが良い 国家資格なので、安定している。
この職業・職種のここが悪い 実力がないと給与が低い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 みか        投稿日時:2016/04/01 20:53:58
年齢・性別 31歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 相談支援専門員
グループホーム世話人業務
この職業・職種のここが良い 利用者の生活能力の向上する場面がみられること。
知り合いが増える
この職業・職種のここが悪い 時間関係なく電話が鳴る。
人材不足。
勤務期間が長い。
専門性がそれほど高くない。面倒なことを任されることが多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中19人
投稿者名 みか        投稿日時:2016/04/01 20:53:58
年齢・性別 31歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 相談支援専門員
グループホーム世話人業務
この職業・職種のここが良い 利用者の生活能力の向上する場面がみられること。
知り合いが増える
この職業・職種のここが悪い 時間関係なく電話が鳴る。
人材不足。
勤務期間が長い。
専門性がそれほど高くない。面倒なことを任されることが多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 まーの        投稿日時:2016/03/24 23:39:38
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 (相談支援事業所)
 相談支援専門員:プランの作成、訪問、アセスメント、請求事務
(医療相談室)
 相談員:入退院の相談、外来・入院患者や家族からの相談・クレームの応対、
(就労関係)
 就労先のスタッフと雇ってもらうメンバーとの面接、シフト作成
(精神科訪問看護)
 訪問し、訪問看護実施。
(精神科デイケア)
 常勤スタッフが不在の際にはヘルプでプログラム実施の為に参加。
(新設する施設)
 事務作業や物品受注など
1番多い時の仕事量がこれくらいでした
この職業・職種のここが良い 社会制度を色々実践的に学ぶので、親族関係でも頼りにされるなど、実生活でも役に立つことを知れるのは便利です。患者さんの色んな面を知りながら支援を展開していくのは大変ですが、とてもやりがいがあります。
忍耐力や客観力、自己統制力が高められる気がします。
この職業・職種のここが悪い 専任の部署だと楽だが、兼任が許される業務が多く、酷い時は5種類位の業務を兼任することがあり困りました。電話しながらパソコン入力当たり前の現場ですね…。同時並行で色んな仕事が入っていくので、分身したくなります。
当然のように色んなクレームもきますし、書類業務も多いです。期限を守ってくれない医師の代わりにひたすら行政や依頼者に頭を下げないといけません。突発的な相談も多いので、その度知らないことは必至で勉強しないといけません…。。。
さらに担当を外れても追いかけて電話や面会にくる患者さんがいるので、困りものです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 匿名        投稿日時:2016/02/20 10:10:59
年齢・性別 31歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科単科の病院での精神保健福祉相談業務。新患の予診、入院者インテーク、退院支援を主にしている。それらに付随する事務処理等も多い。その他、病院内のベッドコントロールや外部の調整等も対応している。
この職業・職種のここが良い 退院調整は面白いとは思う。しかし、組織に所属している以上は思うようにできないことも多い。
この職業・職種のここが悪い 名称独占であるため、業務内容がはっきりしないところがある。勤務先によってお仕事内容が異なる。特に病院では他の専門職との調整役、悪く言えば穴埋めのような役割も多い。場合によっては燃えつきる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中13人
投稿者名 うつ病PSW        投稿日時:2016/02/15 22:51:50
年齢・性別 45歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科医療機関でのソーシャルワーク。入院、外来患者への相談、支援。デイケアプログラム、患者向け講座での講義。支援者向け研修での講義。内部、外部会議の出席。介護認定審査会の委員他。
この職業・職種のここが良い 患者さんや家族との関わりから、社会の縮図が見える。ソーシャルワークを通じて、相談者の生活向上の役に立つことができる。
この職業・職種のここが悪い 職業として悪いことがあるわけではない。もしあるとすれば、付随することや環境、個人の力量の問題だと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
1  2  3  4  5  6     次へ>>

精神保健福祉士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※精神保健福祉士として現在仕事をしている方、もしくは過去に精神保健福祉士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
精神保健福祉士のここが良い
精神保健福祉士のここが悪い
仕事内容の詳細
精神保健福祉士に対するあなたの状況

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は、精神保健福祉士法で位置づけられた、精神障害者に対する相談援助などの社会福祉業務に携わる人の国家資格である。PSWと呼称されている。 名称独占資格ながら、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などに必置資格に準ずる配置となっている(精神保健福祉法では精神保健福祉センターや保健所に精神保健福祉相談員を置くことができるとされている)。また、精神科病院においては作業療法士と同じく診療報酬業務があり、多くの精神科病院・クリニックで配置されている。 近年においては、企業のメンタルヘルス問題などを取り扱うEAP分野での活動を始め、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律に規定される、社会復帰調整官や精神保健参与員としての活躍が認められ、必ずしも精神医療・精神保健福祉分野に限定されない活動が期待されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、精神保健福祉士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。精神保健福祉士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。