【職種】精神保健福祉士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

精神保健福祉士の基本情報

仕事内容 精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする
平均年齢※ 34.4歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
精神保健福祉士に関連する資格 【資格】精神保健福祉士<国> 介護支援専門員【ケアマネジャー】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (62件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 3.2000 [3.2点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の福祉に関する仕事

精神保健福祉士の仕事の本音一覧

全部で62件の投稿があります。(31~40件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7     次へ>>
投稿者名 ななみ        投稿日時:2015/02/18 01:31:07
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 相談業務、レクリエーション、作業活動、地域の機関連携、家族との連携、事務雑務
この職業・職種のここが良い 利用者さんが回復するのがうれしい。感情が出せなかったけど、今はこんな笑えるようになったんだとか、あまり話さなかった人が明るくなっていくのを見ると、本来のその人らしさを取り戻してるんだなって思う。
この職業・職種のここが悪い 自分の支援やかかわりをふりかえり自省し続けていかなければならないのがつらい。『これで良かった』という正解がない。なぜこのように返答したのか。なぜこのような行動をとったのか逐一問われ理由を求められる。ワーカーとしての価値と視点を持って考え行動をしなくてはいけない。当たり前なことなのかもしれないですが、私にはできませんでした。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中14人
投稿者名 カウボーイ        投稿日時:2015/02/01 21:37:52
年齢・性別 40歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 障害者のケアマネ
この職業・職種のここが良い 人間性が大事になってくる。知識や経験も大事だが、精神障害を抱えている当事者が、何に悩み、苦しみ、踏み出せないのかを、しっかりと同じ目線で共感し、アドバイスできるか。変化を続ける当事者に、どう同じ目線で一緒に歩めるかが大事だと思う。
この職業・職種のここが悪い 障害という疾患や特性のみで、当事者の歩む方向や予測を決めつけてしまうことに注意しないといけない。精神保健福祉士は医師、看護師らと違い、生活支援の立場であることを忘れてはいけない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 たいちょー        投稿日時:2014/12/01 23:49:18
年齢・性別 41歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神病院やグループホームで働いてきました。色んな関係機関の橋渡しや調整役が主な仕事となります。患者さん本人よりも患者さんの家族の方がやっかいだったりします。
この職業・職種のここが良い やっぱり、社会や人の役に立ててるって感じがしてやりがいはあります。医療の世界では珍しく文系の資格です。看護師よりも医師から頼りにされることが多い。
この職業・職種のここが悪い 給料は、もう少し何とかならないかなと思います。無資格の職員はやはり、一般的に能力が低い人の率が高いように感じます。
他の仕事で上手く出来ず、福祉の仕事なら出来るだろうと飛び込んでくる人が案外多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中12人
投稿者名 虎さん        投稿日時:2014/09/10 22:32:24
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 患者の入退院時の対応、地域以降支援、病床の管理等
この職業・職種のここが良い やり方次第では常にキャリアアップを狙える面白い業界だと感じています…様々な業種(医師、看護師、OT等)との連携も多く、人との付き合いが苦にならない方であれば楽しめるかも?生きていく上ではなんら給与にも不満はなし、父親が公務員だったので比べると比にはならないですが^^;
この職業・職種のここが悪い 特にはないです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中8人
投稿者名 アメリ        投稿日時:2014/08/26 07:26:45
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病棟の患者の書類作成・提出。新規入院患者受け入れ手続き
この職業・職種のここが良い 精神疾患に関して詳しくなれる。待遇面に関して贅沢言わなければ職に困ることはないと思う。
この職業・職種のここが悪い 医師・看護師の質が悪く、しかも板ばさみにされ、ストレスがたまる。病院だと緊急対応もあるので、ほとんど気が休まらない。一番悪いのは給料が低い、昇給がほとんどない。国家資格なりの待遇ではない。この仕事を続けるのは経済的に厳しいので、おススメできない。もう、他業種の仕事へ転職します。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中13人
投稿者名 おでん        投稿日時:2014/07/09 21:57:30
年齢・性別 34歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 支援計画立案。利用開始時のインテークから適宜の面接。
その他事業所内外の会議参加等。
この職業・職種のここが良い 就労支援事業所でサービス管理責任者をしていますが、目標に向かう過程の中での当事者の方の変化や信頼関係を築けていくことには、やりがいを感じます。
この職業・職種のここが悪い 人間関係。一般企業も経験しましたが、資格所持者にはめんどくさい人が多い印象。勤務先内外問わず。特にベテラン。世間知らずも多い。どうしても連携が必要な仕事が多いので仕方ないですがね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中6人
投稿者名 デイケアの精神保健福祉士        投稿日時:2014/07/03 00:52:16
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デイケアで細々仕事をしています。
現在も業務形態は変わりません。
認知行動療法やグループミーティングなどをするのは個人的には好きです。
この職業・職種のここが良い デイケアの精神保健福祉士として2013/04/24に投降したものです。36歳になりました。
一年後として経過したので投降しました。
平成25年の年収は660万円くらいです。例によって大学や専門学校にて非常勤講師をしていますが、少し減らしました。結果として所属している病院からの年収は510万円を超えました。講師業務で年間150万円くらい。合計650万円は超えました。食べていくには十分です。
いかに自分を売り出すかがポイント出だと思いますが、その自由度があるのは精神保健福祉士の魅力です。
私は看護学校でも一時期ですが非常勤講師をしていますので必要なものだと考えています。所属部門だけでの固定概念は捨てるべきだと、自分の主観で考えています。
この職業・職種のここが悪い セクハラをするスタッフがいるので対応に疲れます。
精神保健福祉士ではない、資格も違うの職種なので仕方がないのですが、デイケアを統括する立場として指導する点では正直面倒くさい。その時間を利用者に使えればどれだけいいかと思います。
精神保健福祉士としてはなにも「ここが悪い」はありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中35人
投稿者名 向いてないかも        投稿日時:2014/05/02 18:34:09
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 行政が運営する組織での就労支援
この職業・職種のここが良い 自分も成長できる!患者の人生の選択肢が増える瞬間に当たるとちょっと感動する。
この職業・職種のここが悪い 病院、行政は別にしても就労支援の場合は無資格新人と給与が一緒。行政は腰がおもい&指導的、行政の人だから患者さんは生活かかってるし話聞く、そして競争、とか利益関係ないから振り返りは少ないかも。あと法律で動きにくい。民間は法律決める人が現場わからないから振り回される。独自の理想と元ボランティア精神によりマンパワーが必要。いつでも自省して試行錯誤する正解のない世界なので、ワーカーとしての信念とアイデンティティがない私には向いてない。報酬は能力対価と考えてるから薄給ならなおさらやる気でない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 猫きち        投稿日時:2014/05/02 00:50:49
年齢・性別 42歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科の診療所にてPSWとして働いている。
初診インテーク、ディケア、面談、診療報酬計算など、これぞ精神保健福祉士という仕事をさせてもらえている。
この職業・職種のここが良い 良質な病院や診療所への就職は、かなり狭き門だが、突破すれば高給でお休みも多く、最高に働きやすいです。
この職業・職種のここが悪い 今のところ、悪いところは思い当たらない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中6人
投稿者名 うーん、、        投稿日時:2014/02/27 01:01:54
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 精神メインの就労Bにいましたが、生活保護を切って就労しようとする障害者が少なく、やりがいを感じられませんでした。また、生活保護の不正需給なども障害者内で横行しており、それに対する自浄作用が福祉業界には現状ありません。共産主義等の極端な思想でないかぎりは必ず違和感を感じると思います。
また、現状はいわゆる「ちょっとややこしい人」レベルの人まで、障害手帳を持っていたりします。税金で人生をサボりたおしている人を目の前にしながら、薄給で働いていくことになります。おすすめできません。
この職業・職種のここが良い 誰でも取れる資格。大学で四年間お金を払ってまで取る価値はない。職場内に無資格者はごまんといるし、有資格者だから仕事ができるとも限らない。かつ、資格があっても無資格者と
給与面であまり差は出ません。
この職業・職種のここが悪い 医療資格のように、この資格があるからこういったスキルがある、という明解な優位点がありません。
つまり、自分の能力を証明できる資格ではないです。
国家資格にしておく価値はないと思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中24人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7     次へ>>

精神保健福祉士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※精神保健福祉士として現在仕事をしている方、もしくは過去に精神保健福祉士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
精神保健福祉士のここが良い
精神保健福祉士のここが悪い
仕事内容の詳細
精神保健福祉士に対するあなたの状況

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は、精神保健福祉士法で位置づけられた、精神障害者に対する相談援助などの社会福祉業務に携わる人の国家資格である。PSWと呼称されている。 名称独占資格ながら、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などに必置資格に準ずる配置となっている(精神保健福祉法では精神保健福祉センターや保健所に精神保健福祉相談員を置くことができるとされている)。また、精神科病院においては作業療法士と同じく診療報酬業務があり、多くの精神科病院・クリニックで配置されている。 近年においては、企業のメンタルヘルス問題などを取り扱うEAP分野での活動を始め、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律に規定される、社会復帰調整官や精神保健参与員としての活躍が認められ、必ずしも精神医療・精神保健福祉分野に限定されない活動が期待されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、精神保健福祉士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。精神保健福祉士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。