【職種】精神保健福祉士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

精神保健福祉士の基本情報

仕事内容 精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする
平均年齢※ 34.4歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
精神保健福祉士に関連する資格 【資格】精神保健福祉士<国> 介護支援専門員【ケアマネジャー】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (63件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 3.2000 [3.2点]
労働時間の短さ 2.7000 [2.7点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の福祉に関する仕事

精神保健福祉士の仕事の本音一覧

全部で63件の投稿があります。(61~63件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  
投稿者名 ゴリラ        投稿日時:2009/09/19 16:25:46
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 民間精神科病院での相談支援業務
この職業・職種のここが良い 特になし
この職業・職種のここが悪い 名称独占資格に意味はない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 さる        投稿日時:2009/06/01 11:21:36
年齢・性別 44歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 相談業務を中心とした支援です。 
この職業・職種のここが良い 一口に人に関わる仕事です。反応がダイレクトに伝わります。
この職業・職種のここが悪い 精神保健の現状は厳しいです。慢性疾患にかかわる。偏見や差別 問題がシビヤです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中5人
投稿者名         投稿日時:2008/12/26 07:37:51
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
精神保健福祉士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神障害者の社会的復権と福祉の追究を目的としたソーシャルワーク業務
この職業・職種のここが良い 社会的な意義がある仕事でやり甲斐がある
自分自身も成長できる
この職業・職種のここが悪い 職場によって賃金、業務内容等の格差が大きい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中12人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  

精神保健福祉士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※精神保健福祉士として現在仕事をしている方、もしくは過去に精神保健福祉士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
精神保健福祉士のここが良い
精神保健福祉士のここが悪い
仕事内容の詳細
精神保健福祉士に対するあなたの状況

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は、精神保健福祉士法で位置づけられた、精神障害者に対する相談援助などの社会福祉業務に携わる人の国家資格である。PSWと呼称されている。 名称独占資格ながら、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などに必置資格に準ずる配置となっている(精神保健福祉法では精神保健福祉センターや保健所に精神保健福祉相談員を置くことができるとされている)。また、精神科病院においては作業療法士と同じく診療報酬業務があり、多くの精神科病院・クリニックで配置されている。 近年においては、企業のメンタルヘルス問題などを取り扱うEAP分野での活動を始め、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律に規定される、社会復帰調整官や精神保健参与員としての活躍が認められ、必ずしも精神医療・精神保健福祉分野に限定されない活動が期待されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、精神保健福祉士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。精神保健福祉士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。